アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

遊んでます☆

ふと見ると、ワキの毛がぼうぼうと生えている。

え!何で?そんなはずは・・・( ̄◇ ̄;)

慌てて取り出したカミソリは・・・黒のT字カミソリだ。
めちゃめちゃ切れ味抜群!

すごいなあ・・・

って、感心しているところで目が覚めた。
おそるべし、T字カミソリの呪いヽ(;▽;)ノ
なんちゅー夢やねん。

今日はそんな目覚めだったせいか?ぼーっとしていて
気づけば出るべき時間が迫っている。
化粧半分で(←そうとうコワい)出かけて、そういえば昨日も財布忘れて取りに帰ったっけ。と思い出す。
どうも朝がまずい。
○○ボケだな(゚∀゚ )

さて、今夜は先日収録したヒーローショーの完パケ作業。
お世話になりっぱなしの某スタジオ社長が作ってくれて、
それを確認して、修正するところは修正する。

効果音やBGMがはいって・・・すごーい!ヒーローショーらしくなってるよヽ(*´∀`)ノ

出演者の方が動きやすいように、セリフのきっかけの音を作ったり、
リズム感を出したり、
少しでも良くなるようにとあれこれ直していく。
こんな感じでいいんだろうか????
正直わからないけど、イメージをふくらませて・・・っと。

リバーブかけたいな、と思ったら、社長も同じ考えだったりして、ノリノリ(笑)

仕事よりも

ようやく完成して、CDに落としてる時に、出演者のひとり、なかぴーに電話した。

「ちょっとちょっと、聞いてください!」
と、音を聞かせると・・・

「あははははは!」

わーい!なかぴーが喜んでくれてるよぅ?

あとは戦うシーンのタイミングだな(^_^;)
これに合わせて練習って・・・大変だろうなあ。

それにしても、こうやって、普段は立ち会わない完パケ作業、特に、こういう変わったもんの作業に立ち会うと
本当にプロってすごいなと思う。
ボランティアで、しかも1回こっきりのヒーローショーなのに、
やはりミキサーさんも高い意識で作ってくれるんだもん。

で、改めて録音した素材を聞いていて笑ったのが
戦闘シーンの気合いの声の素材。

これは別録りで、色んな戦う時の声を出してるんだけど、
ヒーロー役の先輩も、悪役の先輩も、もう「さすが!」ってリアクション。
「た!」とか「ギ!」とかだけで、動きが目に浮かぶのだ。

そんけー!そしてそんけー!

イベントに集まってくれた子供たちに楽しんでもらいたい。
その気持ちだけでスタートしたことだけど、遊び心を持って参加してくれた皆さんに色々な学びを得たと思う。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く