アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

生まれ変わっても体は中古だった件

9月30日で最期を迎え、10月1日から生まれ変わった私。

多くの方から励ましの声やおめでとうの言葉をいただいた。

清々しい気持ちで迎えたはずの10月1日。

しかーし、実はギックリ背中で苦しい産声をあげていたという。。。

ウッ!うぅうー。

どんな産声やねん!

さて、今朝も心は元気いっぱいなのに、体がついてこない。

考えてみれば、いくら心がリフレッシュされたからとはいえ

使ってる肉体、いわゆる「ガワ(大阪弁?)」は、思いっきり中古品。

錆びついているわけで。。。

仕事は休めないので、うっかりBARは急遽休むことにした。

みんなから心配された。

そりゃそうだよね。

ついこの前は救急車騒ぎ。

そして、ギックリ背中!

9月駆け抜けた皺寄せがきてる。

「なんだかんだ言って、精神的なストレスが身体に現れてるんだよ」

と、ある人にキッパリ言われたりして。

どひゃ。鋭い。

「嬉しいことも、嬉しく無いこともぜんぶ引き寄せてしまうほど、都代子さんはパワーが強かったのでは?」

と言ったのはシンガーソングライターの尾飛良幸さんである。

今夜はうっかりを休んだので、久しぶりにゆりかごのうたクラブroomに行けた。通称「ゆりクラ」

尾飛さん、本間先生そろって、あさイチのことや、本田健さんのLiveのこと、喜んでお祝いしてくれた。

1年前の今頃は尾飛さんにたくさん活躍してもらっていた。

詳細はこちら

御礼をどうすれば良いのだろう?とにかくあの名曲をもっと広めたい。

そう強く思っていた。

それは今でも変わらない。

私が万一あさイチでブレイクしたら、尾飛さんになにかお返しできないだろうか。

「大阪でもLIVEやりたい」

と、尾飛さんが言った。

頭の中がグルグルして、どうすれば実現できるだろう?

そればかりが巡る。

なにか良いアイデアないかな。

尾飛さんの美しく優しい歌声を聴きながら今夜は眠ろう。

岩手から取り寄せた天然の黒舞茸。

びっくりするほどの香り。

ふだん食べている舞茸とは比べ物にならない。

舞茸ご飯にしてみた。

シャキシャキしてるし良い香りだし

家人も「なにこれ、美味しい」と。

ほんとうは今夜うっかりBARで出そうと思ったんだけどね。

ちなみに、めちゃくちゃ高いです(笑)

贅沢。




こちらの記事もぜひ

出発進行!

初フェス!

薬って怖い

コメントを書く