アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

グループレッスン始まりました!

長年、ボイトレや話し方、ナレーション、朗読、MCなどの指導者としても活動してきたが

基本的にはプロ志望の方を対象にしていた。

たまに頼まれたら引き受けて、企業に教えに行ったり、個人指導でプレゼンや話し方の指導もしたり、という程度。

マンツーマンの割に指導料が安いので、あまり忙しくなっても困るから、積極的に「やってます」とは言っていなかったのだ。

意識が変わったのはコロナ禍になってからだ。

オンラインでのレッスンを募集したところ、遠方に住む知らない人から次々依頼がきた。

オンラインでも結構できるんだなぁ。

ここでひとつ、距離の壁が外れた。リアルじゃないとダメだと思ってた。

相手が素人さんでも、喜んでもらえるし役に立つ実感も得た。

とはいえ、マンツーマンを引き受けるにも限りがある。

時間的に無理。

じゃあ、グループボイトレ?

いやいやいや、リアルならいいけど、オンラインでグループレッスンするっていうのは無理がある。

と、思っていたところ、わたしのLINE公式のコンサルであるまさみっちゃん

「都代子さんのボイトレは素晴らしい!みんなにもっと知ってもらいたいから体験講座ひらいたらどうですか?」

と提案してきた。

先述ようなことを伝えると

「できますよ!やってみたらどうです?」

そこで、LINEで皆さんにアンケートを取り←そんなこともできるしLINEって便利!

興味があると言う人が多かったので、いよいよやってみることに。

体験講座の申し込みは60人に及んだ。

そして、その中の約三分の一の19人がボイトレに申し込みしてくれたのだ。

すごい確率。

マンツーマン希望が多かったが、グループレッスンも8名申し込みがあって

今日、そのグループの初レッスンがあった。

日にちを選べるシステムにしているので、全員は集まらない。

今日は3人。

これが生徒さんにとってはラッキーなのだ。

そりゃ人数多いより少ないほうが手厚いもんね(笑)

だから、生徒さんには、最低開催人数3人狙いをオススメしている。

今日やってみてわかったのは、グループでもまったく問題ないこと。

同時に声を出しても、みんな自分の世界でやれる。

誰かがうまく行かないとき、私がそれに対して指導しているのをあとの2人は聞いてて

「なるほど」とか「へぇ」とか言っている。

さすがにマンツーマンのときより進み方は遅くなるが、そのぶん指導料が安いわけだから問題ない。

グループの良いところは、やはりお互い仲間になれるところ。

笑いもあって楽しい。

あ、マンツーマンでも常に笑いはあるけどね(笑)

マンツーマンの良いところは、昨日も生徒さんに言われたが

「都代子さん独り占めなんて、嬉しい」

のだそう(笑)

個人的な雑談が入るし、ボイトレ以外のアドバイスもできる。

追加料金20000円でこれはかなりお得だよなぁ。そりゃマンツーマン希望のほうが多くなるわ(^^;;

値段を上げる前に6クールまとめ払いした人もいますが。ウケました(笑)

さぁ、ボイトレのシステムが出来上がったので私のスケジュールも落ち着きそう。

マンツーマンは現在申し込みしてもらったあと空きが出たらご案内する形です。

詳しくはホームページのレッスンについてをご覧ください。

voice act unit「NATS」のNこと南条好輝さんの芸歴50年記念の舞台へ。

「夜の取調室」を観るのは二回目でしたが、さすがのテンポ感、軽妙さなどにやっぱり笑わせていただきました!

南条さん、紅さん、おめでとうございます!

NATSとは

南条さんをはじめ、1人の男性俳優と女性ナレーター3人で構成するLiveユニットです。

私はT。都代子のTです♡

それにしてもミナミはすごい人でした(・_・;




こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く