アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

30人寄れば文殊の知恵?

今週の耳ビジはイレギュラーで

3日間はこの本だった。

八納 啓創さん

【開運ハウス 家がパワースポットになる住まいの整え】

この本、面白かった!

舛田さんのそうじ力と同じことを言ってて、風水や家相も取り入れた建築のススメ。

納得のお話にめちゃくちゃ盛り上がってしまった!

こんなに共通点があるんだもん。

舛田さんをご紹介したーい!

てなわけで、今日は舛田さんをお呼び出し(笑)

スピーカーに上がってもらって3人でもお話しした。

ライバル?になる?

わたし、そーゆー考え方、大嫌い。

みんなそれぞれ高め合って、耳ビジのファンは著者さんの良さをそれぞれきちんと見ていて

選ぶ。

同業他社っぽくぶつかる可能性も無いことはないだろうけど(・_・;

きっとこの2人はそんな小さな器ではないと思ったから繋いだのだが・・・

はーい♡

やっぱりねー!

この、ジャンルの違うお2人は、お互いの良さを瞬時に認め合った、と思う。

あとで舛田さんに聞いたのだが

八納さんとのメッセージのやりとりもとても気持ちよかったとのことだ。

なんて素敵な2人なのだろう。

夜、私は舛田さんと、脚本家・今井雅子さんとタイトル会議をした。

さすがの観点でトスしてくれた今井さんのおかげで

先日、アドリブ満載で朗読した舛田光洋さんの新刊のタイトルが決まった!

3人だけの力ではない。

roomや、Facebookライブに来てくれた30-40人

いやもっとかな。

みんなのお陰で素敵なタイトルが決まりました!

11月27日のセミナーも盛り上がりそう。

roomのあと、2人でもう一度電話打ち合わせ。

進行を考えたり、イメージ高めてたら

待ちきれない想いが高まってきた。

ご参加のみなさん!お楽しみに。

まだ少し残席あります(^^)

お申し込みはこちらからどうぞ。




こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く