アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

見守る人

朗読を教えている大山りえさんが

和遍鐘のコンサートに友情出演した。

私は和遍鐘を今回はじめて知ったのだが

中国由来の鐘で、音階があり、その響きは、それはそれは美しい。

りえさんはその演奏曲の説明をナレーションしたり

智恵子抄の朗読を担当した。

私が朗読を教え始めてまだ2クール目だが

プロではないものの、良い感性があるので教え甲斐がある。

イメージをしっかり持たせて、緩急などのアドバイスもして

人前での朗読ができるくらいに仕上がった。

そして本番。

舞台は新神戸の教会である。

私も見に行くことに。

教え子の本番だからといって、とくに緊張もせず(笑)

まぁ、なんとかやるだろう。という感じで

見守っていた。

さぁ、メインの智恵子抄が始まった!

「おつかれさまー!良かったよ!」

「最後間違えちゃって」

「あんなん大したことないし」

かつては私も舞台で朗読を披露して、師匠が見にきたときには緊張したものだが

見守る側の気持ちはこんな感じなんだなぁと思った。

レッスンしてきた成果をそのまま出せればOKだし

和遍鐘の力を借りて、より良く仕上がればラッキー!

今日は、これまでで1番良かったと思った。

教え子を見守る。

活躍は嬉しいものである。

 

 




 

こちらの記事もぜひ

出発進行!

初フェス!

薬って怖い

コメントを書く