アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

幸せの卵

仕事帰りに飲みに行くことになった。

いつもの天満界隈である。

昨日覚えたダイエット法も忘れて、
地ビールを食前酒にして魚を楽しむ。

さ~ご機嫌になってきた。
次の店へレッツゴー!

そう言って、表へ出ると・・・
色の白い、小柄な女性が近づいてきた。
外国人である。

道に迷ったのかな?
そう思って、立ち止まると・・・

「ワタシロシアノリュガクセイデス。コレカテクダサイ」

へ???

小さな箱の中にはロシアのマトリョーシカやチェブラーシカの人形など
小物が色々入っている。

いくら?

「2センエン」

高い!
ちょっと高いよ。こういうところで売る時はね~もうちょっと・・・

「リュガクセイオカネナイデス」

人のアドバイス、聞く耳もたない(;´Д`)

そして、そのうち・・・

   」

ええ?
歌ってって・・・何を?

「  」

だから、知ってる歌とかあるの?

「チクタクチクタクノトケイ」

あ~~、あれ?知ってるんだ。

すると、一緒にいたTさんが歌い始めた。
しかもめっちゃうまい(*゚▽゚*)

ついつい私もつられて、ハモってみる。

道行く人が不思議そうにその光景を眺めていく。

ロシアの女の子と、私たちがフルコーラス歌って・・・

なんとなく、しかたなくTさんがひとつ購入。
そして、それをわたしにくれた。

幸せの卵

幸せの卵というそうだ。

なんだか面白いことになって、
大きな古時計を歌った私たちは、そのままカラオケに行くことに。

以前から歌ってみたかった曲にトライすると
抜群の歌唱力でハモってくれた。

歌詞にも、曲にも、歌声にも励まされて
まさに幸せの卵の効力が始まった。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く