アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

嘘をついた

2022年がまもなく幕を閉じようとしています。

12月31日。

1年前の今日、あなたはどんな顔をしてましたか?どんな気持ちで大晦日を迎えていましたか?

あなたと今のあなた、どうですか?

変わりましたか?

私は大きく変わりました。

1年前にした約束をやぶった嘘つき女になっていた。

去年の大晦日のブログに書いてあったことの中のいくつかの約束を破ったのだ。

やっていたいくつかのroomをやめた。

ぜんぶ続けていく!と宣言していたのに。

でも、それはそれで良いのだと思う。

より、やりたいことに軽やかにシフトするために手放したということ。

まさにエミチカさんの手ぶらに近づこうとして、無意識に選択していたのだ。

あなたは何が変わりましたか?

この1年の私は色々生活や仕事が変わりました。

新しいコミュニティを作り、キャプテンという肩書きを持ち、過去の私がやったことのないジャンルのイベントやセミナーを開催。

全国、世界に新しい仲間を見つけた。

他人から言われる「大好き」という言葉に不信感を持たなくなった。

今なら自分も「大好き」と口に出せる。

1年前の今日のブログの最後には、こう書いてある。

「みんなが応援してくれると信じて。

2021年。

生かしていただきありがとうございました。

明日死んでも構わないと思える日々を生きられた私はえらい。乾杯!」

今日もほぼ同じ気持ちなのだが、ちょっと違う。

「みんなが応援してくれると信じて」

ここは全然違う!

「みんなが応援してくれている」現在進行形なのだ。

なんで?どうして?私を?

これも1年前は半信半疑だったのが、今の私は応援してもらえる理由をわかってる。

「声であなたの人生をアップデート」

これは、耳ビジを始めてから作ったキャッチコピー。

もとは「声で作品をバージョンアップさせるナレーター」で、それをもじったのだ。

素晴らしい本があって、それを私が朗読して、聴いた人の何人か、いやいや、けんそんせずに言うならば、けっこうな人数が人生をアップデートさせられるかも?と思った。

そして、、、本当にそう実感してくれた人からたくさんの感謝の言葉をいただいた。

だから

私は今年大きく変わりました。

皆さんとともに、私自身もアップデートできたと、自信を持って言える。

とはいえ

卵が先か鶏が先か?

そもそも、皆さんのお陰で私が変わったとも言えます(笑)

「声であなたの人生をアップデートさせようとしたらわたしの人生がアップデートさせてもらえてた」

これが正しいですね。

そんなわけで、2022年の大晦日。

この真理がわかりましたから、、、

今日死んでも悔いは無い。

でも、私の応援がまだ欲しいと思ってくれる人がいると思うので、明日も生きます。

今年1年ありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。あえて、明日も、と言います。

1日1日の積み重ねが、1年になるだけ。




こちらの記事もぜひ

出発進行!

初フェス!

薬って怖い

コメントを書く