アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

あの人のどこが良いのか?

昨夜はついつい、幸せとは?

などという答えの出ない問いを自分に課してしまいグルグル。

でも、今朝、たなかっちゃんと耳ビジで話していて気づいた。

「子供って無垢で素直に悦るよね」

そうだ!私ったらやっぱり頭で考えてしまってるのよね。

感じればそれで良いのだった。

幸せと感じたなら、幸せなのだ。

とはいえ、分析したくなる性分でして・・・

というのも。

今日は局のフロアがザワザワしていた。

女性スタッフがやたら多い。

「さぼってていいの?(笑)」

みんな思い切り仕事をほったらかしてここにいる。

実は

イケメン俳優が番組にゲスト出演する!のだ。

「誰が来るの?」

相方ナレーターに聞くと「坂口健太郎」だという。

ふーん。まぁ、見てみたい気はするけど、最近あんまり出てなくない?なのに、みんなこんなに集まってくるなんて。

そんなにいいかね?

ガラス張りの打ち合わせ室に彼はいて、横顔がちらりと見えた。

ん?結構華奢っぽいかも。

なんとなーくイメージが違ったので、そばで見惚れているスタッフに

「ねぇねぇ、あの人最近もドラマに出てる?」

「出てますよ!朝ドラとか」

「へぇー、歳、いくつくらい?」

「いくつでしょう?若めではあります」

「40代じゃないの?」

「いや違います」

ん???

そこで私はようやく、ある勘違いの予感を覚えた。

「さ、さ、坂口健太郎ってだれ?」

「顔見たらわかりますよ」

そこでネットで調べてみることに

果たして・・・

「あーーーー!はいはいはい!知ってる!かっこいい。この人坂口健太郎っていうのね!私、間違えてた。坂口憲二と。」

「えーーー違います!爆笑」

そう。

なんかおかしいなぁと思っていた。

坂口健太郎は今どきのふわぁっとした色白の俳優さん。

私の思っていた坂口は、色黒でワイルド。

あはははは。ぜんぜん違うし!

そのとき、打ち合わせ室からプロデューサーとともに彼が出てきた。

「おぉーーーースタイルいい。」

女性スタッフの熱い視線を受けながら、坂口健太郎はスタジオへ入っていった。

オトコマエ、と言えばオトコマエなのかもしれないが

はっきりどこがどう良いのかがわからない。

みんなで分析が始まった。

さて

冒頭の話。オトコマエに見えるんだからそれでいいやん!

なのに

「鼻だよね。しゅっと高い。」

「顔がめちゃくちゃ小さいし」

「身長は184」

「そりゃバランスいいわ!」

結論。ぜんぶのバランスが良いということであって、取り立てて顔がイケメンという話ではないのかもしれない。

これが結論(笑)

もうひとつ知りたかったけどわからなかったことがある。

「ねぇ、筋肉はどうなのかしら?」

「んーわからない。あんまりないんじゃない?」

これで、脱いだらすごいんです!なら最高かも。

コメンテーターの三輪さんからの差し入れ。

カヌレって、たまに食べると美味しいわぁ。

そして、夏前に耳ビジ出演が決まった、某有名ミュージカル劇団の元所属俳優さんの本など

私のもとに続々届いています。

楽しみです!

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く