アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

もじもじトヨコお祭り出版プロジェクト〜その1

ことの経緯は6月22日まで遡る。

clubhouse耳ビジの中で、ゲストの望月俊孝さんに飛び蹴りされたのが始まりだ。

詳しくはこちらを

その翌日にはリスナーさんからも励まされてしまい( ̄▽ ̄;)

編集者や出版社の人からも名乗りが上がり

気づけばみんなの前で

「やります!」宣言をしていた。

チャットにはみんなから予祝の「出版おめでとう」コメントが(笑)

まじか。

room終了後、編集者の七沖さんとさっそく会う約束が決まった。

さて

この宣言を出したあと、私がすぐさま報告連絡をした人がいる。

本田健さんだ。

メッセージを送ると、健さんからエールとともにいくつかのアドバイスがきた。

さらに

その数日後

「電話で話したらイメージが見えると思います」

というメッセージが。飛びつくように、さっそく連絡。

そこで健さんは、なるほど!と思わず唸ってしまうアドバイスをくれた。

私がやや心に引っかかっていた件をみごとに言い当てるとともに、本当に私の未来を思ってのアドバイスをくれたのだった。

30分あまりの電話コンサル。

なんて贅沢な、、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

「みんなに企画を出してもらおかな?」

「僕も顔出して、みんなに僕の考えを話しますよ」

「わー!ではお願いします!」

こうして

「お祭り出版プロジェクト」が発足した。

私のこれからを大公開し、多くの人とともに喜びを分かち合いたいという企画だった。

さらに、自分だけでは思いつかない出版企画を、みなさんに協力してもらう一石二鳥のプロジェクトである。

そして、今日がそのキックオフ。

もともとは著者さん中心にお願いするつもりだったが

リスナーさんからもご提案いただいた方が参加感があると考え、広く募ることにした。

結果的に、耳ビジ著者の方々18人20案、出版社の方1人、編集者の方1人、リスナーさんのべ49案。

ぜんぶで71案。プラス自分自身の企画案。

21時にroomがオープンすると、続々とリスナーさんが集まってくれた。

プレゼンしてくれる著者さんも集合。

お祭りらしく賑やかなスピーカー席である。

このメンツ(⌒-⌒; )やばっ!

まずはリスナーさんの案をどんどん私がご紹介。

中には笑えるもの、そんな企画通るわけないやん!なものもあるが

みんなの期待やワクワクが伝わってくる。

そして、いよいよ著者メンバーの企画発表へ。

中には、目次まで揃えた企画書もあり、真剣に考えてもらったことがよくわかる。

唯一出版社から参加したこおちゃんこおちゃんは

ガチの企画書で、細かいところまで書いてくれていた。

冷静に、私が出せること、私だからこそ書けること、書けないこと

丁寧に話してくれた。

納得。

それぞれの企画、すべて、私にとってはキラキラしていて

「ワタシニデキルノカシラ」

他人事のように聞こえる。

みんながこんなふうに考えてくれてるって、幸せすぎる。

どれが良いかなんてわからない。どれもいいし、どれも私には荷が重い気もする。

そんな中、めちゃくちゃ冷静な話をしてくれたのが健さんだった。

それは先日の電話でも軽く聞いていたが

出版の現実と、長い目で見た時の「トヨコさんの準備」という観点の話だった。

出版までの苦労に比べて、出版後の現実は厳しい。

その本をきっかけに、自分の仕事が増えるならば息切れしない。

せっかくの1冊でつぶれてはいけない。

そんな感じの内容である。

私は今回の企画提案roomで、自分の本として数冊出せる見込みを持ちたかった。

事実、ご提案いただいたいくつかは、今すぐにではなくとも、形にできるかもしれない素敵な企画だった。

こうして皆さんが関心を寄せてくれた「お祭り出版プロジェクト」roomは23:30頃まで2時間半続いた。

プレゼンの順番をじっと待ってくれていた著者さん

チャットでたくさん応援してくれたリスナーさん

本当に感謝しかない。

私のお祭り出版プロジェクトは始まったばかり。この先、何百回も何千回も感謝することになるだろう。。。

世の中には類書があふれている。

私の本もその1冊に埋もれるかもしれない。

さらに言うと

みんなと描いた夢は、本末転倒で甘すぎるだろうが、取り組むからには全力でやる。

そして、その本が誰かの人生に多少お役に立ち、ついでに私の人生をアップデートしてくれるならば

私のモットー一石三鳥の完成となる。

私の描いた夢「出版パーティーでリスナーのみんなと乾杯すること」のはじまりは6月23日だった。

私のそのときの素直な想いは、翌日LINEオープンチャットのみなさまに音声でお送りした。

この気持ちを忘れないでいたい。

ご参加くださった皆様へ重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

頑張ります。

こちらの記事もぜひ

著者ふう

モデルになります

出版戦略?

コメントを書く