アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

多動でいい。武器をひとつ見つけよう!

まったく知らなかったジャンルの人が

今日からのゲストである。

高橋克明さんという。

ニューヨークBIZという新聞をニューヨークで発行し

大統領やら俳優やら大リーガーやら

とにかく有名な人を1000人以上取材してきたそうな。

実は、名前は知らなかったが、本のタイトルとなっている言葉は知っていた。

武器は走りながら拾え

どこで聞いたのかわからないが、自分自身、比較的「まず、やる」人なので

この言葉に勇気をもらった印象がある。

「武器」の使い方について言うと多少私としては補足したいことがある。

「武器はいつでも磨いておこう」

いつも言っている言葉だ。

高橋さんとコラボするならば

「走りながら拾った武器は磨いて、いつでも使えるようにしよう」

こういう風になるか。

私は、これまでの人生において、なにひとつ無駄なことはなかったと思える。

生まれた星の持つ運命をも武器にして

それを他人に話すことで、誰かの役に立ったこともある。

まぁ、磨くような良い話ではないけれど

伝えるために頭の中を整理してはいた。

いま、ナレーターをはじめ、私にとっての仕事上の武器も

宝の持ち腐れのように倉庫にしまい込んでいたら、突然の仕事の依頼があったとき、すぐに使えなかっただろうと思う。

行き当たりばったりの人生と、仕事との出会い。

完璧ではなくても若い頃から仕事で使ってくれた人たちがいて

そこで磨かせてもらった武器を、適度に使いながら、さらに磨いていたような気がする。

時にはめちゃめちゃ磨きまくった熱い時期もある。

止まってしまうと、磨くこともやめてしまうから

いつだって走り続けていれば

新しい武器も手に入れ、すでに持っていた武器も駆使して、人生というロングランを完走できるのかもしれない。

噂に聞いていた高橋克明さんという大胆なオトコと

今週お話できることに感謝。

ドイツのMOMOちゃん、ご紹介ありがとう。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

初デート

離れる。交わる。

コメントを書く