アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

大阪人は気さくです

とある企業の創立記念パーティーの司会を頼まれた。
そこの社長が、お世話になっているプロデューサーと飲み友達なのだ。

先方の会社へ打ち合わせに出向き、
社長はじめ、数人の社員とプロデューサーそして私で内容の検討をする。

60歳くらいの社長は
竹を割ったような性格で、決断力が素晴らしく早い。
そして・・・気さくである。

ただし、大阪人の気さくさ・・・というのは、東京のそれとはちょっと違う。

関東方面の方は大阪人特有の「気さくさ」を「馴れ馴れしい」と受け止めるかもしれない。

「シモツマって読むんか。珍しい名前やな。シモツマ!言いづらいな。言いづらい!シモツマ、言いづら~」

大阪人は何かと繰り返して言いたがるのだ(笑)

「しもちゃんでええやん。な、それか、とよちゃんか?な、とよちゃん、可愛いやないか。おう、とよちゃんにしよ!」

「お好きに呼んでくださってけっこうです。昔はゲマ(下間の音読み)と呼ばれていました。」

こんな馴れ馴れしい・・・もとい、気さくで面白い社長。
ゲストにJAZZバンドを入れているのだが、
私もジャズボーカルをたしなんでいる・・・とプロデューサーが告げると

「おう、ええやないか、歌ってくれてええで!好きに歌って」

「え・・・(?_?)
みんな引きません?いきなり司会者が歌いだすって・・・」

「大丈夫大丈夫。誰も聞いてへんて!」

それも寂しいっちゅうねん(-_-#)

さて、無事?打ち合わせが終わり、エレベーター前まで皆さんが送って下さった。

その時、社長が私のお気に入りのバッグを見て

気さく過ぎる~
ま、確かにかなり・・・だけど。

大阪人はすごい
パーティー当日までに歌の練習しなきゃ! 念のためアンコール曲も・・・(笑)

こちらの記事もぜひ

前のめり

お土産たのし

コメントを書く