アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

そこのおばあさん

朝目覚めたとき、がっかりした。

足、まだ痛いし。

もしかしたら朝にはケロリと治っているかも?という淡い期待を抱いていたのだ。

こりゃ真面目に病院行きを考えなきゃいけないかな?そう思い、ネットで調査。

救急病院と言えば淀キリである。電話で問い合わせしてみると、、、

「応急処置ならできます。専門医が居ないので、湿布と痛み止めの処方になりますが」

えー。そんなんじゃ意味ないし。

しかもそれで1万円とか取られるらしい。←ネット情報

もう週明けまで待とう。とりあえず、今日は行ける範囲で動こう。

確かに足は痛いのだが、よちよちならば歩けるのである。

まずは宿近く。芝桜の綺麗な公園へ向かった。

お!杖の貸し出ししてるよ。

トレッキングの時以外でこういうものを使うのは初めてである。

杖って、どっちの手で持つんだろう?←初心者(笑)

公園は丘になっているので緩やかな登り。

えっちらおっちら。杖を頼りに歩いていると、家族がそんな私を動画で撮影して喜ぶ(~_~;)

こら、やめ〜

「おばあさん、大丈夫ですか?(笑)」

ほっといてくれ。

そんな状態ではあったけど、花々は可憐に咲き誇っており、心が和む。

来て良かった。お天気も最高だわ。

相変わらず食欲も旺盛で、朝食も完食!

ランチには寿司と岩牡蠣ウマ!

ただ、本来予定していた立ち寄り温泉には行かず、夜のジビエ料理もキャンセル。

うーん。家族に申し訳ないことでした。

それでも、是非行きたかった藤の名所「白毫寺」へは行こう!

ほんとはライトアップされてるところが見たかったけどね。昼間でも充分美しい。

こんな立派な藤の花は初めて。

風に揺られて涼やかな暖簾のよう。

今回初めて訪れたのだが、さぞかし有名らしく、近隣はすごい大渋滞。

のところ、、、私たちは裏道スイスイ(笑)お寺すぐの駐車場にも停められて。

たぶんあのまま並んでたら2時間はかかったな。なんと20分で到着しました(о´∀`о)裏ワザはヒミツ。

さて、白毫寺もよちよち歩きで楽しめたが、さすがに足を使いすぎた感が。

早々に帰宅することにした。

でも、手ぶらでは帰りたくなーい!ということで!

白毫寺すぐにある神戸高見牛の専門店で美味しそうな肉を購入。

さらに丹波篠山の採れたて筍も購入。

夜はその肉を料理し、筍はさっそく灰汁抜きして湯がき、筍ご飯に。

あれー?帰って来てからめちゃ働いてるよ、わたし。

なんか心なしか足の具合も良いような気さえしてきた(笑)

良きかな良きかな(笑)

今夜は休肝日にしてゴールデンウィーク残り2日間を充実させることにします!

こちらの記事もぜひ

ストールで釣る

南から東

初めての手料理

コメントを書く