アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

学び

昨日の台風で得た教訓。

台風が行き過ぎるまでは自宅または屋内の安全なところに退避。

停電に備えるグッズを明るいうちに用意。

保冷剤を多めに冷凍しておくこと。

ポットの湯は満タンに。

お風呂に水をはっておくこと。

そして、台風が去ったあと、停電している場合は

一部地域の停電であれば、電気の通っている場所へ行き、いつも通り呑気に過ごすこと。

帰れたら遅くに帰宅して、停電であることに違和感なくすぐに寝ること。

起きているから暗闇が不都合なわけで、寝るときは電気を消すし、冷蔵庫も不要なのだ。

昨日は結局、思い切り午前様となり酔っ払いの状態で帰宅。ヘッドランプで顔を洗い歯磨きして即寝した。

朝になっても停電は直らない。

それでも、保冷剤のおかげで冷凍庫冷蔵庫とも大丈夫。

これはほんとによかった。保冷剤を日頃からいっぱいいれてるのが功を奏したわけだ。

しかし、お風呂をどうしよう?近くのプロデューサーさんのとこに行こうかな。などと考えていたら

隣のおばちゃんの大きな声が外から聞こえてきた。

「電気ついたなー!」

あら。そうなのね。

9時30分。19時間の停電だったわけだ。

テレビをつけて、ようやく被害の大きさを映像で見ることができた。

すごいわ、、、( ̄O ̄;)

その後仕事に行ったのだが、道すがらもひどかった。

 

そして、スーパーも。

なんもないやん!

あとで知ったが、わたしのすぐ近所に住んでる飲み友の家は、まる2日半停電だったらしい。近くてもタイミングが違うのね。

豊中や箕面、泉佐野などはまだ停電しているとか。

この前の地震で屋根が壊れたところ、また嵐で吹き飛んだ人も知っている。

命があれば良し。

この経験を学びと捉えるためにも命がなければ無意味なのだ。

早く近畿が元どおりになりますように。。。

こちらの記事もぜひ

ボスがびびる仕事

大富豪で負ける

うっかりBARは中央区

コメントを書く