アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

キャラ設定はぶれない

チョー寝不足で新幹線に乗った。

少しでも睡眠をとって、今日1日を乗り越えねば!

というのも、今日は午前に1つ。午後はキャストの担当、さらに終わってからもう1つ仕事があるのだ(^^;;

さて、大阪到着後、まっすぐタクシーでスタジオへ。

このタクシーの件ではちょっとした出来事があったのだが、、、1日のトータルが良かったから、まぁ忘れよう(笑)

最初の仕事は11年前の作品の部分修正。

かなり明るく可愛目に読んでいるので、担当の営業マンが「合わせられますか?」と心配していた。

11年前。まだ40歳の私の若々しい読み、、、。

トーンを合わせて本番。

「すごーい!ばっちりです!さすがプロ!」

ミキサーさんと共に絶賛してくれた。

いやいやいや。考え違いしてるわよ。

40歳の時の私は、もうすでに声が仕上がっていて、今と変わらない。

ただ、作品の内容やクライアントのご希望で、ナレーターとしてのキャラを「30代のおねーさん」イメージで作って読んだのだと思う。知らんけど(笑)

だから、50歳、、、来週で51歳だけど、、、の今も、そのキャラ設定になれば同じ声が出せるわけである。

20代のときの声を求められるとさすがにキツい。

まだお腹から声が出ていなかったときで、倍音もなかったから。

作品に寄り添って、それに合う読みキャラになる。これは今も課題として取り組み続けているが、今朝の録音は自信に繋がった。

その後キャストも、その後の仕事も無事終えて、現場で一緒になった先輩と飲みに。

寝不足で働きまくったあとなのに、我ながらタフ(笑)

遅がけには今朝行ったスタジオの偉い人から電話が入り、合流することになり

なんとも濃い〜1日となった。

ちょっと怖い夕焼け。

自然の災いが起こりませんように。

こちらの記事もぜひ

嵐山や道頓堀や仁和寺

缶詰

半年溜めました!

コメントを書く