アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

パリ祭イヴでヨイショ!

誕生日前日となった。

連日の宴なので、朝から何も食べない戦法(^_^;)

お腹が鳴ったらどーしよー!

と、思いつつ、午後はミナミでお芝居を観に行った。NATSのNこと、南条アニキの劇団てんこもりの舞台である。

思い切り昭和感なアニキらしい展開に笑ってしまった。

賑やかな舞台だったので、お腹の音の心配もなく無事終演。

そして、一緒に行った先輩と別れてバースデーイヴのディナーへ。

パリ祭生まれのわたし。

誕生日はフレンチでお祝いしてもらうのがここ数年の恒例になっている。

今回は

ミシュラン2つ星の名店。

実は、なぜここへ行くことになったかと言うと、、、

釜石のホタテ王子のところのホタテを使っているから!

ホタテ王子愛が強いって?(笑)

生で美味しいあのホタテをフレンチの巨匠がどのように料理しているのか?も興味深いところ。

さて

さすが2つ星だけあって、何がなんだかわからない珍しい料理が次々と出てくる。

「今日のメニュー」的なものがないので、説明されてもすぐ忘れる(笑)

え?これビーツ?で、これはなんでしたっけ?

とりあえず、どれもこれも美味しい。

そんな中いよいよホタテ登場!

確か、、ホワイトアスパラとホタテで、ソースはなんだっけな?

アスパラのシャキシャキ感と、肉厚のホタテの旨みが素晴らしかった!

と、支配人的な人にお伝えし、さらにこの美味しいホタテはどこのどんなホタテなのか?と、白々しくも尋ね

「こちらは岩手県釜石のホタテで、生きたまま届くのです」

と、説明させ、

聞かなきゃ説明しないなんて勿体ないですよ、、、と呟きつつ

いやー、すごいホタテですね!!!

と、重ねて絶賛。

しておいた(笑)わたしゃ誰や?

回し者ってバレたかな(笑)

それにしても楽しい料理だったなー。さすが。見た目も素敵だったし。

デザートも色々凝っていたが、バースデーと伝えてくれていたのでメッセージ付きプレートのサービス。

全12品らしいが、もっとあったような気がする。でも、朝から何も食べなかったお陰でしっかり完食。泡にワインにお酒もたっぷりいただいた。

あ、嬉しいバースデープレゼントも(^ ^)

今年もありがとうございました!

そうそう、

今日も偶然の出会いが。

もう一度ご縁を繋ぎたかった人。

久しぶりに会って、思い出してもらって、多少なりともあちらの胸にチクリと刺さったなら良いけど。

私ならちゃんと借りを返すよ。それが筋だよ。

もちろんそんなことは言わず、ただ

あら、ご無沙汰ですねぇ?

ニコリ、と。

私もなかなかのタヌキです(笑)

こちらの記事もぜひ

螺旋

向き合うということ

コメントを書く