アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

はらへりはーさる

今日も1日バッタバタ(^_^;)

なめこと豆腐の味噌汁を作ってそれを朝食べただけで神戸に向かった。

収録が始まったところで、びみょーにお腹が空き始める、、、

喋りながら

ぐーぐるぐる

ああ!鳴ってしまった!

真面目な話してるのに(笑)

思いの外早く収録が終わったので、急ぎ帰宅して車で應典院へ。

16日からスタートするコモンズフェスタのための準備である。

今回朗読することになったペットのエピソードを大階段に貼っていく。

これまでのペットとわたしとはまた雰囲気が違うけれど、これはこれで素敵に仕上がった!

印刷をある方にご協力いただいたお陰。

本当にありがたい。なにしろ、こういう印刷や写真の現像だけでも馬鹿にならず

せっかくの寄付が減ってしまうことにいつも心が痛んでいたのだ、、、。

もちろん仕方ないことなのだけれど。

今回はほんとありがたい。

でも!まだお客様少ないなぁ、、、。

ぜひお運びください!

リハーサルで既に涙している人もいたけれど

今回は楽しいお話もちゃんと入れてますから大丈夫!←なにが?(笑)

リハ前にようやくオニギリ2つ。今朝の味噌汁以来(笑)痩せそうだわ。

公演詳細です。

コモンズフェスタ2020にて「ペットとわたし」✖️「無名劇団」コラボ企画【君とわたしのいくつかのお話】上演❗️

116日木曜日〜19日日曜日の4日間コモンズフェスタという演劇やダンス、ワークショップなどの複合イベントが日本橋の浄土宗應典院で開催されます。その中でチャリティグループ「ペットとわたし」も3日間参加。入場料を保護犬&保護猫団体に寄付させていただきます。

お忙しいとは思いますが、ぜひお運びください。朗読するお話は公募で集まったもののうち採用された20作品。また期間中、應典院内大階段にて写真と共に展示されます😊

チケットは下記のフォームから。

当日券は受付にて「ペットとわたし」とお伝えいただければ寄付扱いされる仕組みです。

チケットは1日フリーパスで他のイベントも参加できます。

https://www.quartet-online.net/ticket/cf2020/reserve?m=0oehiah

各回とも、朗読に続いて無名劇団による芝居「友達、を焼いた」を上演します。こちらもお楽しみに❗️

 

朗読スケジュールと読み手

1月16日(木)1930

①「柴犬かりんとチビ毛玉のテト」朗読 桜井ういよ

②「あんよがかわい」朗読 徳田祐介

③「我が家にハルがやってきた 」朗読 竹房敦司

④「母を救った奇跡の白い猫」朗読 窪内唱乃&深田あさ

⑤「ぺロちゃん」朗読 下間都代子

⑥「野犬を家族に」朗読 菱田盛之

⑦「友達を、焼いた。までの話」朗読 下間都代子

  

1月18日(土)1800

①「リュウとマモルの物語」朗読 下間都代子

②「ミーとレオ」朗読 徳田祐介

③「ティノちゃんとママ」朗読 窪内唱乃&深田あさ

④「ピーちゃん」朗読 桜井ういよ

⑤「ずっと、愛してるよ」朗読 深田あさ

⑥「クー」朗読 藤田ようこ

⑦「彼の名前はレオニャルドネコプリオ」朗読 桜井ういよ

⑧「友達を、焼いた。までの話」朗読 下間都代子

 

1月19日(日)1300

①「文鳥と、社長と、わたし」朗読 藤田ようこ

②「キリン」朗読 下間都代子

③「アレルギー女と、代役もしくは二番手の男」朗読 菱田盛之&深田あさ

④「神様の猫さくら」朗読 桜井ういよ

⑤「オレとご主人様」朗読 徳田祐介

⑥「ニーノ」朗読 藤田ようこ

⑦「友達を、焼いた。までの話」朗読 下間都代子

 

いずれも芝居含めて90分です。

毎回ラストの私の担当する話が、お芝居のもとになってます。

心を込めて読みますよ。

こちらの記事もぜひ

冬活のオマケ

眠気が覚める瞬間

最前線

コメントを書く