アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

久しぶりの人

久しぶりに会うディレクターさん。

思わず

出家したんですか?

「せやねん、高野山で、、、」

頭を丸めていたのだ(笑)

軽い冗談で始まったのだが、、、

実は「出家したんですか?」と言う言葉の前に、問題発言をしていた私(・_・;

あ!ちがう!やべっ!

と、思ったが、時すでに遅し。

幸いなことに

「せやねん高野山で」

と、相手がスルーしてくれた(-_-)タスカッタ・・・

◯◯さん、出家したんですか?

◯◯さんの名前を間違えたのだ。

ぜんぜん顔違うのに!なぜ違う人の名前を言ってしまったのか(>_>)よくまぁスルーしてもらえたものだ。

「空耳?」とは思ったかもしれない(~_~;)

あぁ危ない危ない。

さて、今夜はうっかりBARのナンチャッテ句会。

新しいメンバーの句が、さすがに新鮮だった!

堺筋句会で取り入れたアプリを使ったおかげで、誰が詠んだ句か、私も最後まで知らないまま選句ができる。

これまでは多少の先入観が入っていたかもしれないから。

やはり詠み手は知らないで選句するほうが断然楽しい。

ただ、予想通り過ぎる俳句も多かったが(笑)

逆に、みんなの予想を裏切ったのが私の一句。

「えーーーー!これキャプテンのやったん?!」

こんな俳句を作るのは◯◯に決まってる!

そう思ったから、点が伸びなかったのかもなぁ(笑)

とは言え5点入ったけど。

実は渾身の作で、兼題優勝狙いでいってただけに、残念!!

一方、当季雑詠は私が優勝。

あらあら、こんな「いかにも」な俳句が点を集めるとは、、、皆さんまだまだですね(⌒-⌒; )

この句は普通の句会なら弾かれるなぁ。

とは言え、今日は特に盛り上がって、数人は閉店まで議論を尽くしていた。

今年から新たな句会に参加する予定なので、私自身もう少し句作に励みたい。

新しい俳句アプリは優秀で、点数集計もしてくれるし、履歴が残るからとても便利。

選評も書き込める。

さらにスムーズに進めるために必要なこともあるが、活用して良かった。

野良古さんに感謝!!!

 

 

こちらの記事もぜひ

冬活のオマケ

眠気が覚める瞬間

最前線

コメントを書く