アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

嫌われ者

朝からアルツの叔母の通院付き添い。

とは言っても、初めての病院を受診する。

孫に車で迎えに行ってもらい、現地合流することにした。

病院だと気づいた叔母は急にご機嫌斜めになる(-。-;そりゃそうよね。

アルツとは言え、そういうところはまだ理解できるのだ。

年末から施設でトラブルがあり、受診せざるを得なくなった精神科。

精神科専門病院に来たのは久しぶりだ。

母が初めて精神病院に入院したとき、まだ私は25歳くらいで、その異様な雰囲気に落ち込んだものだ。

その後再び別の精神科に入院したときも、やはり何故母がここに?と受け入れがたいものを感じた。

今日は認知症が理由での受診なのでまだ気分的にはラクだったが。

先生の問診が始まると、叔母の機嫌はますます悪くなって行った。

「なんでこんな無駄なことするの?」と怒り始めた。

慌てて、孫と叔母はもう外に出ても良いか?と先生に聞き、連れ出してもらう。

もし、1人で連れてきていたらこうスムーズにはいかないから、ほんと彼女と2人で来られたことは良かった。

「都代子さんいてくれて良かったですーーー(T . T)」

彼女も言った。

今日、スケジュールが合ったのは奇跡だ。

結果的に向精神薬はお断りし、施設への説明書を書いてもらった。

施設側としては、叔母に出て行ってもらう方向に進むのかもしれない。

さて、会計を済ませて叔母のところに戻ると

「都代子はなんで勝手なことを!あんたはさっさと帰れ!」

と、冷たい言葉を浴びせられた(笑)

首謀者だと思われているのだ。

まぁ仕方ないよね。

待っている間、孫もかなり文句を言われたはず。

彼女も私も皆、叔母のことを大事に思っているけれど、

本人が嫌がることをしているのだから「敵」になってしまう。

叔母が長生きすることは、本人が望んでいるか?と言えばそれもわからない。

両親や兄たち、娘、可愛がっていた甥。死んだ皆の話ばかりして、寂しがる叔母。

ツライなぁー。

身内でもツライのに、施設の方には好き放題文句言って、暴れるのであろう。

申し訳なさいっぱい。

孫によると、施設に帰った頃にはまた機嫌は治っていたそうな。お疲れ様。

私はというと急ぎ仕事へ向かい、久しぶりにキャラクターボイスとナレーションの二役。

こういう内容って、気持ちが切り替えられて嬉しいなー!

夜は大好きな京松蘭にいき、今年の肉初め。

なんと、特別メニューまで出していただき、さらに黄金のトング(笑)

ご馳走さまでした!

こちらの記事もぜひ

優しくしてあげる♡

抜け殻?

1000人超えました♡

コメントを書く