アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

女子高生になるために

現場にて。

「今回の作品は冒頭と最後は女子高生がレポーター風に喋って
途中がナレーションになってるんでよろしく。」

と説明された。

なるほど~。
当日渡しの原稿。
軽く下読みをさせてもらって、本番スタートと相成った。

ナレーション部分の録音が終わり、チェックして、
では終了・・・かと思ったら

「じゃ、次、女子高生のところ行きます」

はい?
どういう意味ですか?

「え?女子高生の部分」

へ?
そこも私が読むんですか???

「もちろん」

え~~~!!
レポーターが出てくるんじゃないの?

「いや、声だけ。女子高生やで。よろしく」

本当に本当???私がやるの?
なんちゅう無茶ぶり!
まだ読んでもいませんでした。まったく意味を理解してませんでした!

声は高め
素人だから下手に
えっと、鼻濁音は使わないで~、平板に棒読みして~、語尾をちょっと上げる?
どんなイメージだ?武井咲とか?いや、美人すぎるか?

頭の中をいろんな妄想が駆け巡り・・・

もう、知らん。とりあえずやろっ!

ちょっと試しにやってみる。すると・・・

「いい!いい!それでいい!マニアにはたまらん女子高生や!」

スポンサーさん、ディレクターさんからOKが出た。
マニアって。なんだそれ(笑)

さて、収録後、全部チェック。
私が喋ってる、と思うと、相当気持ち悪いが(汗)
レポーターとナレーションが同一人物だとはたぶんバレないだろう。

いやはや、しかし突然の無茶ぶりでよかったな~。
事前に聞いてたら、かえって色々考え過ぎて、作りこみ過ぎて失敗したかもしれない。
こーゆーのは勢いに限るのよね(笑)

さて
地声で喋ってるナレーションを京都でお聞き頂くことができます。

16日から開催している
NHK大河ドラマ50年特別展「平清盛」 京都文化博物館にて7月17日まで。

清盛

展示映像のナレーションさせていただいてます。
良かったらお運びくださいませ。

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く