アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

見た目に耐える

「香水」が歌いたい。

昨夜の名古屋の友達が焼肉を食べた後言った。

長らくカラオケに行っていないらしく、大きな声で歌いたいらしい。

そして「香水」を歌いたいから行こうと言った。

カラオケは構わないとして(2人だけだし)その、、、香水ってなあに?

「え!香水知らないの?」

そして、なんとかというアーティストの名前も言ったが、さっぱりわからない(⌒-⌒; )

カラオケが始まった。

あちらが歌う曲は新しくてまったくわからない。

デュエットの曲をリクエストされるものの、少し前に流行ったなぁーという事実は知っているが、、、歌えない。

そのうちあちらが気を遣って昭和な曲に変更してきた(笑)

いやはや、私って、ほんと乗り遅れてるわ。かろうじて「ヒゲダン」とか「米津玄師」とかはわかるけど。。。

それにしても、レーザーあとの顔の絆創膏はハイドロコロイドで傷を治そうと私の体液?が出てきて膨らんでくるもの。

友達と待ち合わせたときにはまだ普通の絆創膏感があったが、時間とともに水膨れのように見えてくる。

カラオケに行った頃にはイボ蛙のように変化していた(^◇^;)

お見苦しくてごめんよ。

そして、昨夜の話はここまで。

今朝、起きたら、さらにイボ?水膨れ?感が高まり、なんならレーザーやった直後よりも怖い顔になっている!

しかし、今更どうしようもないので、私は大きなマスクを付けてそのまま局へ。

マスクを付けていれば特に気付かれないが、ナレーション収録のときには致し方ない。

マスクを外す。

と、、、スタッフが

「ど、どうしたんすか?!」

怯えた表情を見せた(^_^;)

かくかくしかじかと説明すると

「そーゆーことかー。いやマジで寒気しましたよ。なんか、、、移りそうで(笑)」

変な病気だと思われたらしい。そりゃそーだ。

スタジオでの生ナレーションのときも、マスクを外すと一同驚愕。

そうなのよね。自分はいいのだ。鏡さえ見なければ。

しかし、周りはそうではない。

今回、私は自分が好きでレーザーしたわけで、他人にしげしげ見られても構わない。

昔、エレファントマンという映画があったが、化け物扱いされ、興味本位で見られて、本当に辛い人生を綴った映画だった。

なんかそんな気分。複雑だなぁ。

さて、名古屋気分をもう少し味わいたくて、向こうで名物をいくつか買って帰ってきた。

美味しいけど、やっぱ少し味が濃いなぁ。名古屋飯は。

ハイボールが合う(笑)

家人が帰宅し、私の顔を見て

「えらいことになってるやん!!!」

やはり大きなイボがたくさん出来ていると思ったらしい。

絆創膏が膨らんでるだけだよ。

と言うと

「これからずっとそんな顔だったらどうしよう!と思った」

少しホッとした様子。

正直な気持ちだろうけど、病気とか、事故とかで、もし私の顔が変わってしまったらどうするんだろう?

とも思った。

ふくざつ。。。

 

こちらの記事もぜひ

うずら卵

良かった探し

モノマネ選手権

コメントを書く