アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

優しくしてあげる♡

何年かぶりに、某バス会社の車内アナウンスの収録をした。

ひととおりの素材を録音し終わったあとで

ディレクターさんが言った。

「実は、、、前回の喋りで、運転士さんへの啓蒙ナレーションが怒られているみたいだとの意見が一部であったらしく」

啓蒙ナレーションとは

「速度などを控えて車間距離を取って気をつけて運転してください」的なコメント。

確かに、多少の注意喚起の意を込めて読んだ記憶がある。

しかし、それが、運転する側にすれば

「んなもん、わかっとるわい!」とか「怖い」と思われたのか(^◇^;)

そもそも声が低いし威圧感あるので、そう思われたならゴメンナサイ!

「さっきのナレーションは怖くなかったと思いますが、あれより更に優しく言うバージョンももらっていいですか?」

はいはいはい!やります!

啓蒙ナレーションのところだけ、やさしーくやさしーく。

日頃から口調がキツいので、気をつけねば。

さて、今夜は句会。

「句会に参加している回数と、俳句を作っている回数と、結果はだいたい比例している」

先生の言葉。

そう。私だけが現状、月一回。

今日は一夜漬けで作った俳句5つのうち、評価されたのはひとつだけ〜

「一夜漬けで作ったわりに良いけど。才能はあるんだから、もっとやってほしいなぁ」

わかりやすいお世辞半分の励ましの言葉をいただいた(笑)

海面のざわめき雲に跳ぶ鰯 京町

私としては気に入ってたけど、点が入らなかったのはこちら。

声だけの関係林檎の青きごと 京町

ここにはタイトルを付ければ良かったねと言われた。

タイトル「clubhouse」

もう少し句作に時間を確保せねばー!

野菜フレンチのお店。

泡とワインが進む見た目も美しい料理でした。

ご馳走さま。

 

こちらの記事もぜひ

話は最後まで。

あれから2ヶ月

きゅんは伝染する

コメントを書く