アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

生きる

小学生の頃から朗読が好きだった。

国語の時間、先生に当ててもらいたくて一生懸命手を挙げた。

そんな小さな「好き」から始まって、いつの間にか声を使う仕事にもあこがれをもったのだろうが
実際プロの入口に立ったときに現実を知ったのだ。

朗読の仕事なんてなかなか無い!

私の周りの同業者の女性でも「朗読」がやりたくてこの世界に入ってきた人は多かった。
だから、ボイスサンプルを録音する際も、みんな朗読を入れたがる。

でも、マネージャーに言われるのだ。

朗読なんて入れても仕事無いよ。

最初は信じられなかったのだが
そのうちにわかった。
確かに・・・無い(笑)

で、更にのちのち気づいた。

朗読は難しい(笑)

朗読も、語りも、めっちゃ難しいんだわ。
朗読の仕事は、あったとしても、駆け出しのナレーターにできる仕事じゃなかったんだよね。
そ~ゆ~ことか。

だからといって、そこそこベテランになった今、私に朗読の仕事がしょっちゅうあるか?と言うと、そんなことは無いのだけれど(笑)
語座での学びのおかげもあって、ちょいちょい「語り」を頼まれたりするので
あ~小さい頃憧れていた仕事がようやく現実になってるんだな。と実感する。

今日、また新しいお仕事をいただいた。
朗読のお仕事だ。

本の内容も、かねてから興味を持っていたものなので
とっても嬉しかった。
しかも、「下間に読ませよう」と最初から想定して取ってきてくれたお仕事らしい。

うーん。感無量・・・ヽ(;▽;)ノ

がんばります。

さて、夜は11月に予定しているナレーターたちの集まる、あるイベントの顔合わせ?
と、称した飲み会(笑)

ナレーターばっかりが7人も集まると、声大きいからお店で気を遣う。
今日は個室に通されて一安心。

目の前でサラダを調理する体育会系の店員

懇親会

いっぱい食べていっぱい飲んで
いっぱい話して。。。

懇親会2

えへへ。楽しかった。

内容はまだ明かせないけど、
十三のシアターで11月14日の夜
面白そうなイベントやります。是非いらしてくださ~い?

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く