アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

声は変えられる

約20年前に収録した声。

やばい。気持ち悪い。おぇー。

若い声というよりも、出てない!

この声が現在も使われているんだから申し訳ない気持ちでいっぱい。

それは

和歌山バス那賀(⌒-⌒; )

ほんと、長くご愛用くださりありがとうございます!

で、今日はそれを一部改訂するための収録。

おぇーっ。

となりつつもトーンを合わせる。

うすっぺらーい声にして、声幅を狭くして。

ほぼモノマネの感覚(笑)

でもね、理屈がわかるからできるのよね。

ちゃんと合成させても違和感なく仕上がりました!

夜はボイトレの指導だったけど、声を大にして言える。

声は変えられるの。

話し方も変わるし、訓練でなんとでもなる。

しかもいくつからでもできる。

だって、20年前の私と今の私がこんなに違うもの。

今週の耳ビジでハルさんの本を朗読しているけど、私が伝えていることと同じこと書いてる。

今日の生徒さんが

「先生も根性でトレーニングしたんですねぇ。天性のものでスマートにここまで歩んできたのかと思ってました」

と言った。

んなわけないない!

持って生まれた声質だけではダメだった。

鍛えまくった過去があるから。

今日の生徒さんは一般のお仕事の方だからそこまでは言わないが、プロを目指している人には同じアドバイス、トレーニング方法を必ず伝えている。

伝えてもやる人はほぼいないけど(笑)

1週間で成果が出るのになんでやらないんだろう?

と思う。

声は変えられる。

さて、昨日から申し込みを開始したNATSのvoiceドラマ「12月8日の招待状」無料配信キャンペーン

ミステリーです。面白いよー!

来年はまた舞台やりたいな。
↓ こちらから登録してね。
https://lucky-s.net/vspmap/1-8/

 

 

こちらの記事もぜひ

わたしの体温36.5度

Luft神社詣

蟹を残して去りぬ

コメントを書く