アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

初めてをひとつずつ

長く生きていると、初めての体験がどんどん少なくなっていく。

感動することも無くなり、胸がキュンとする機会も減る(らしい)

でも、そんな中、今年は初体験をいっぱいさせてもらっているなぁと感じる。

今朝の本田健さんの耳ビジ。

周りの人に「初めてのことを見せてくれるひと」が本田健さんだ。

ふと、健さんにとって、まだ未体験のことって無いんですか?

と聞いてみた。

「まだヨーロッパ方面は未経験な面があるから、来年はそちらにも行く」

との答えが返ってきた。

そうかぁ。私が知ってて、健さんが知らないことって無いのかな?

悲しくなった(笑)

私に、耳ビジに、1kを超えるリスナーさんが聴いてくれた!という初体験をもたらしてくれた健さんに、なにかお礼に。

健さんにとっての初めてのなにか?教えられないものかしら?

・・・無いな(T . T)

と、思ったら悲しくなったのだ(笑)

なんとも烏滸がましい考えであった、、、汗

となると〜

やっぱり、健さんに胸キュンTシャツをプレゼントして、着させるしかないか・・・。←間違った方向?

歳上でも歳下でも、私に「初めて」をプレゼントしてくれる人は時々いる。

初めての体験ほどワクワクすることはない!

先日連れて行ってもらったインド料理は「ニューヨークスタイルのインド料理」

なにそれー?!

でも、それぞれスパイスを使っていて

う、うん。確かにインド料理だった(笑)

これも初めてのこと。

そして、もうひとつすごーい初めての経験が。

川上徹也さんの新刊「口にすればするほどなぜかうまくいく言葉」

日曜日にいただいたのだが

なんと、この本に私が出てくるのだ(//∇//)

本の中に名前が出るなんて!

しかも人気コピーライターである、あのカワテツさんの本に。

本の中には著名な方の名前がいくつも登場するが

読者の頭の中にハテナが浮かぶに違いない。

「この人だれ?」って(笑)

クラハをやっていなかったら、こんな体験ぜったい無かった。

初めてがいっぱい!

とりあえず経験してみる。

感じるままに動く。

これまでもそう生きてきたのが、ますます素直になってきて

これは年齢による厚かましさ?

気にしない。

カワテツさんに迷惑(セクハラ上司的に)がられているようだが、知りたい欲が溢れちゃう(笑)

本当に困ってるみたいなので、これからは、ちゃんと我慢できるオトナにならねば(^_^;)

いつも私を応援してくれる方からいただきました。

野菜を使ったお菓子。

すごい、、美味しい!これも初めてだよ。ありがとう。

こちらの記事もぜひ

論理的思考

素敵な寄り道

コメントを書く