アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

友達100人できたかな?

この1年、コロナ禍でありながら、私の人生は大きく変わったと思う。

変わったというより視野が広がったというほうが合っているかな?

今日はclubhouseで知り合った人たちとの大忘年会だった。

これまでも何人もリアルにお会いしてきたけれど、今日はまとめてどどーんと(笑)

こんなに集まれるのも、コロナが収まってくれているから。

初めまして!

というご挨拶を重ねるが、私の声を聴いただけで

「あ!トヨコさん!」

と、言っていただけることや

今週の本田健さんの朗読のおかげで、より皆さんへの認知が高まり

「すごく良かった」

と、多くの人から声をかけてもらえた。

写真撮ってください、と言われる側になるなんて、思ってもみなかった(^^;;

でも、なにより「耳ビジ」というroomのことを褒められるのが嬉しくて

これからも頑張ろうという意欲が湧いてくる。

さて

こういう日には面白い出来事が降ってくる。

ゼロ次会から始まり、1次会2次会へと。

2次会の席は、今まで一緒に行動していた人と離れてたまたま座った。

横に男性が座った。

前には、来年朗読させていただく著者の藤沢あゆみさん。

3人で少し会話しつつ、改めて名刺でも…と

あゆみさんが名刺を取り出そうとし、隣の男性も名刺を出しながら

「え?」

と声をあげた。

「え?もしかして、トヨコさん?」

はい。そうです。

「天道ですーーーー!」

え?天道さん?!わーーーーー

大興奮(笑)

というのも、天道さんも年明け初っ端に朗読する方で、先日からなにかとメッセージのやり取りを重ねていた。

まさか今日来ているとは。そして、たまたま隣に座るなんて。

なにしろ大忘年会(笑)誰が誰かわからない規模だったのだ。

「すごい!これはすごい!」

なんだか引き寄せ。

2人とも耳ビジの年明けの方であることに嬉しさが倍増した。

改めてあゆみさんに天道さんをご紹介。

これもご縁だなぁと、roomの企画も持ち上がる。

すぐさま「これこれこんな内容でいかがでしょう?」とご提案し

天道さんも「では私はこうします」

打ち合わせみたいになって、ことが早い!

なんだろ、タイミングってこれ。ぽんぽーんと決まるから不思議だよね。

さて、最後は大人なBARで締めくくり。

ちなみに

リアル金杉はじめさんがカッコ良すぎて「キュン」でした(笑)

金杉塾に入っててよかった(*≧∀≦*)

こちらの記事もぜひ

論理的思考

素敵な寄り道

コメントを書く