アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

番長か女王か

今夜は耳ビジサポーターズクラブの作戦会議roomを開いた。

4月1日の1周年タイムテーブル作りと

2年目の耳ビジの活動をどうするか?

というテーマである。

事前に、ダメもとで本田健さんにメッセージ。

お時間あればご参加ください。

すると

本当に来てくれて

ここからすごいコンサルが始まった。もちろん私の(⌒-⌒; )

ユダヤ人大富豪の教えを朗読したときもそうだったが、あのコンサル再び!

今、企画しているイベントでは番長のままである。トヨコさんは女王にもなれる。どちらが良いか?

そう問われた。

私の答えは・・・

両方欲しいということ。

居酒屋も行きたいし、ブルガリBARにも行きたいのだ。

どちらにしても、セミナーの企画と設定は女王に合うスタイルと金額にせねばならない。

さすがだなと思う話ばかり。

さっきまで偏差値5レベルだったみんなが

急にシーンとなった(笑)

聴いているのか?と思いきや

「アイコン作りに励んでいた」

おーーーいっ!聞いてへんのかーい!

楽しかったらそれで良いから、気楽なイベントを企画して、多少の収入になりゃええわ。

そんな考えではあったが、改めて話を聞いて

著者の力に乗っかって、私の朗読とトークできちんとしたスタイルに仕上げることは可能かもしれない。と思えた。

それには人気著者との繋がりがもっと欲しい。

「僕がいえばYESと言う人は多い。上を攻めなきゃ」

健さんが言った。

たしかに。

ふだん厚かましいのに、健さんにお願いしようなんてこれっぽっちも思わなかった。

しかし、そんな考えが途端に変わるのも私の番長的な思考である。

では、健さーん!お願いします!紹介してください。

さらには

健さんの本もまた読みたいなー!

「お願いします。次の本、発売してしばらくしたら」

ぐいぐいついでに

コンサル終了後、メッセージで

ブルーノートもやりたいです!

ブルーノートというのは、健さんの本を朗読する企画である。

女王になるには生活レベルも上げねばならないわけで、私の二面性をますますブラッシュアップさせよう(笑)

はー。果てしなく遠い。

でも、こんなコンサルしてもらえるなんて。私はラッキー過ぎるよね。

ラッキー過ぎて、なかなかついていけないのが私の限界を物語っている。

とはいえ、サポーターズのメンバーが見守るなか

頑張ります。

と声をあげた。

健さん、みなさま、本当にありがとうございます。

私が話してる間に作成してくれたアイコン。

君らなにしてるんやー(笑)

ありがとう。

こちらの記事もぜひ

そこんとこ4649

初めて♡の立会人

コメントを書く