アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

わたしは誰ですか?

今日は耳ビジのお誕生日。

8時から4時間ぶっ続けでスペシャルトークを繰り広げた。

初めての男(最初の本の意)山本琢磨さんは

久しぶりに入るクラハで、リスナーさんの数を見て

「めちゃ人いるじゃないですか」

驚いている。

そう。この一年でこんなにも皆さんに愛されるroomになったのです。

でも、それもこれも1冊目のヤマタクさんのお陰。

スタート時のエピソードを今井雅子さんが面白おかしく話してくれるし、大桃さんも自分のスケジュールを変えてまで参加してくれ

鶴野さん、カワテツさん、よっこ先生

みんな優しく懐かしい話をしてくれた。

そして本田健さんも加わって対談・・・

と思ったら

「都代子さんに伝えたいこと」を言いに来た。とのこと。

それは、前から聞かせてくれている健さんの憧れのビジョン。

ライブハウスで健さんがトークでお客さんを盛り上げる。

その横で私はハイチェアに腰掛け、合図と共にスポットを浴びて朗読する。

ひとつのライブパフォーマンスの形としてお洒落に展開される。

それを、都代子さんにやってもらいたいと。

できたら素敵だな。

ある方からメッセージが届いた。

「健さんのビジョンを受け取って実現させると、周りの人が自分にもできるかも?と思える。ぜひやってください」

たしかに。

なんでも実践!即行動!の私が、本当に実現させたなら

見守ってくれていた人たちも

「よーし!わたしも頑張ろう!」

と腰を上げてくれるかもしれない。

そして、健さんは言った。

「都代子さんは著者に光を当てることで自分も輝く」

確かに。

これまでも、一所懸命著者さんのことを愛して来た。

そしたら結果的に私が愛されていた。

4時間超えのroomが終わり、さぁエンドしよう。

よく頑張りました。

と締めの挨拶を始めたら

何やら妙な動きが始まった。

ん?なぜこのタイミングで堀部ちゃんがスピーカーに入ったの?

なにかの間違いかと思い、慌ててオーディエンスに移動させた。

今度は英彰さんがスピーカーに上がってくる。

ん?なんで?金杉さんが呼んだ?

「堀部さんが言いたいことあるみたいなんで上げてあげてください!」

うわっ、なんか嫌な予感しかしない。

これはまさかのサプライズ的な?

私は自分がサプライズをするのは大好きなのだが、される側となるとたちまち恥ずかしくて、どうしていいかわからなくなるのだ。

しかし、どんなサプライズが?

なんと

驚いたことに、Facebookに特別なグループが設けられていて

そこにみんなからのメッセージの寄せ書きが集まっていた。

すごい。いつの間に…(T . T)

お礼を言うのは私のほうなのに、みんなからお礼の言葉とか大好きとか、たくさんの温かい言葉が綴られている。

驚いてしまったのと、慣れていないのとで、喜びをうまく表現できなかったと思うが

本当に嬉しかった。

その後、1人1人のメッセージをじっくり読ませていただくと

下間都代子

という人がみんなから愛されていることがわかる。

下間都代子って、私だよね?

でも、私って、そんなすごい人じゃないよ。

ここまで愛してもらえるのは、どうしてだろう?

なんだか他人に対して贈られているメッセージのように、夢の中のように感じながら読んだ。

ずっとやってることは同じで、それがclubhouseの耳ビジで花開いた。

そしたら評価がどんどん上がった。

なんか不思議だ。

耳ビジ1周年。

私を成長させてくれた耳ビジに、私も感謝する。

耳ビジが繋いでくれた温かいご縁。

これからもこんな人ですが、見守ってください。

心からの感謝を贈ります。

ニックさん写真使わせていただきます。

こちらの記事もぜひ

そこんとこ4649

初めて♡の立会人

コメントを書く