アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

心を込めて棒読みする

個人的な感情をあまり露わにしてはいけないニュースのナレーション。

しかし本番までは思い切り言いたいことをオフレコで言う。

節電したらポイントもらえるって?

2000円ぶんのポイントくれるって?

わぁー嬉しい!

って、誰が言うねん!

あ、いや言う人もいらっしゃるでしょうが、私は違う。

節電の基準て何ですかね?

私はもともと夏でもクーラーをほとんど使わない人で、日頃から節電の暮らしをしている方だと思う。

家人が使うことはあるが、それでもたぶん電気代は大したことない。

こういう人がこの夏節電に協力する基準て、なに?

それぞれの家庭でそもそもどれくらい使ってるかによって、ずいぶん違うはず。

どうやって決めて2000ポイントくれるんだろう?

と、思ってしまったから、このニュースを読むとき、どんなニュアンスで読めば良いか困ってしまった。

なんならちょっとお怒りモードになりかねない(笑)

そこで、私が選択したのは

チョーゼツ棒読み。徹底した。

本番のあと、相方ナレーターが言った。

「とよちゃん。すごかった。これ以上ないほど無感情だった!」

それは良かった!成功です!

ナレーターにも心がある。

心を込めて大切に棒読みいたしましたとさ。

明日は久しぶりに朗読room。

こちらは大切に情景を見ながら読みます。

三原さんと私の朗読の違いも楽しんでもらえれば。

 

こちらの記事もぜひ

地球のパーツ

100点は満点?

手を振る喜び

コメントを書く