アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

続けられる幸せ

もう何年目になるかしら。

NHK大河ドラマの特別展で、展示映像のナレーションをさせていただいている。
コンビの監督が、毎年局側から依頼を受けて、
毎年私にナレーションを頼んでくださるのだ。

毎年頼まれている監督の魅力。それにまず感心しているのだけど
今年は連絡がなかなか無かったので、ドキドキしていた。
あ~さすがに飽きたかな?って(私に)

でも、ちゃんと声をかけてくださったヽ(*´∀`)ノ

長年させていただいているだけに、私の調子もすごく理解していて

「良くなった」
「ちょっとダメになった」

ものすごくハッキリ言われる。
だから、こちらもなんとか磨いておかないと!という気持ちになれる。

2013年NHK大河ドラマ特別展「八重の桜」
江戸東京博物館で3月12日~開催します?

毎年これが最後かも、なんてネガティブな気持ちなんだけど、
思いをこめて読ませていただいている。あ、もちろん気持ち悪い思い入れはしてないよw
そういうナルシストな読みから脱却するために学んでいる語りです。

今回も短歌を詠むくだりがありました。
相変わらず歌を詠むのは難しいなあ・・・・。

ところで、続けられる幸せ、というと、
今日、ボランティア活動を振り返って、ちょっとコメントをいくつか書く作業があったのだけど
これもまた続けられてて幸せな活動だと思う。
震災という大変なことが私にもたらした影響は色んな意味で計り知れない。

想い出を振り返りながら、ちょっと涙ぐんでしまった。
たくさんの経験をさせてもらいながら、成長できていない部分に嫌気がさすことも。

ひなまつり

明日は春の陽気になるんだって。
青空からいっぱいエネルギーをもらおう。

こちらの記事もぜひ

CMの声

コメントを書く