アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

感動のレッスン(わたしが)

新しい生徒さんのレッスンだった。

なんと、フルート奏者である。

腹式呼吸はお手のもののはず!

それでも、最初はいちおう呼吸から「スー」と息を吐き出すチェックから。

そしたら

「すーーーーーーーーーーーー」

この「スー」がエグかった!

「スー」なのに、そのピシッとした息の吐き方、しかも安定感!

ささささささすがーーーーフルート奏者だもん、そうだよね!

いやはや感動。

さらに、耳がめちゃくちゃ良いので、私がかなり些細な音のぶれについて話しても、ばっちり聴き分ける。

それが出来ると、体と声の連動もうまく対応できるのだ。

教えながら、私もフルート奏者のやる技をなにかしら得たくなってきた(笑)

あちらはあちらで

「フルートに生かせる気づきがあります!」

と、喜んでくださった。

面白いなぁ〜

ちなみに、ボイトレがメインの指導ではなく、ナレーションです(^^)

彼女は私が話すたびにニヤニヤして

「あぁ、いつも電車で聴いてるあの声です」

阪急宝塚沿線なのでお馴染みの声なのね(笑)

今夜のうっかりBARでは、サプライズで誕生日祝いの企画があり

まったく予想していなかった友人は目を丸くしていました(笑)

私は古い友達だけど、ほかはみんなクラハ繋がり。

ご縁て、すごいね。

遅ればせながらおめでとう♡

それと、息抜きしつつ、頑張るのだよ。




こちらの記事もぜひ

3秒前の奇跡

Featured Video Play Icon

18番目のMy SDGs

ドロドロ2倍増し

コメントを書く