アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

キンチョー

そういえば、わたしもそうだった。

あの槇大輔に弟子入りして、学びだしたころ、
稽古で順番が回ってくると、もう、しっちゃかめっちゃかに(^_^;)

緊張感半端なかった。

結果、ろくな喋りができず、落ち込んだりして。

今日は語座の稽古だった。
最近、新しいメンバーが2人入ったのだが、
その新人さんを始め、もともといるメンバーでも、いまだめちゃくちゃ緊張しているらしい。

やたら読み間違いしたり、声が出なかったり(笑)

いや、自分もそうだったから笑っちゃいけないのだが、
中には師匠と喋る時に、やたらドモる人も・・・(;´Д`)

聞いていてドキドキするわ!

私も最初はそうだった、と言ったけれど、比較的早いうちに師匠にどんどん話しかけることができた気がする。
やっぱふてぶてしいのよね(゚∀゚ )

そんな中、緊張のせいか知らないが、後輩Aちゃんの面白い読み間違いに、一同爆爆笑★

ストーリー
主人公の男性が自宅にもどると、救急車が停まっている。
家に入ると、白衣の男性が
「ご主人ですか?」・・・というくだりである。

で、そのセリフをだね~Aちゃんったら・・・

「     」

一同(爆)

なんのバイトしてるねんヽ(*´∀`)ノ
ここは秋葉原か?O(≧▽≦)O

ツッコミ入りまくり(笑)

一生懸命真面目にやってるだけに、面白かった。

今年こそは大阪で公演やりたい。
そう師匠にお願いした。
舞台を作るのって、大変だけど、本当に自分にとってプラスになるから。
自分の課題、壁を打ち破って、もう一段上を目指したい。

さて、
稽古のあと、東京から一時的に帰ってきていたSちゃんから連絡があり合流。
久しぶりにゆっくり飲んだ。
そこそこ長いつきあいだが、彼の違う一面を垣間見て
へ~・・・

みんな色々あるんだね。
わたしも頑張ろうっと。
人間らしく、思うがままに生きたいな?

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く