アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

出会いは宝

なにかと話題に出してしまうclubhouse。

でも、それほどまでにclubhouseをきっかけにして、私の世界は広がったのだ。

知り合う人の範囲が日本中になった。

いや、海外の人とも知り合えた。

広く浅く?

と思われるかもしれないが、ちがう。

音声SNSというのは、案外、深く繋がりを持てるツール。

本音で話しているかどうか?声ですぐわかる。

だから、仲良くなるのも早いし、合わないな!と思えば深入りしない。

山本千儀さんと知り合ったのもclubhouseだった。

著者でセミナー講師など数々の仕事を持つ石川和男さんのroom。

たまたまroomに入って遊んでいるうちに仲良くなった。

一緒に名古屋のイベントに行ったのは去年の6月だった。

そのとき初めて会ったのだが

なんて綺麗で、ふわっとした人だろう。

と思った。

その後も親しく付き合うようになったが

千儀さんの人生はその後大きく変わっていく。

出版社の方に目をつけられて(いい意味で)本を出すことになったのだ。

控えめに暮らしていたはずの千儀さんが

スポットライトを浴びることになった。

そして、今日。10月15日。

千儀さんのバースデー。

彼女にとっては人生初めての生誕パーティー開催。

さらに、初出版のお祝いパーティー。

50人余りが集まった。

私はMCを「お仕事」として引き受けた。

お祝いだし無料でやってあげたい気持ちもあったが、今後他の人に頼まれたときに、不公平なのは良く無い。

あえてお仕事とさせていただいた。

千儀さんありがとう。

主役の登場からご挨拶、お祝いの余興など、大いに盛り上がった。

そして、千儀さんファンが一生懸命盛り上げた。

みんなが満足してくれていたはず♡

千儀さん自身はどうだったかな。

私も経験あるが、自分なんかのために集まってくれる皆さんへの感謝が自然と湧いてくる。

何度か涙ぐむ瞬間もあって、千儀さんの想いが伝わってきた。

ご縁て不思議だなぁ。

文章を書くのが苦手だと言っていた人が著者になる。

私が耳ビジで朗読する日がやってくる。

私は私で、いろんな出会いで、人生の色合いが変わっている。

かけがえのない時間、想い出深い10月15日。

千儀さんお誕生日おめでとう。




こちらの記事もぜひ

ぽくぽくしました

好きと言わないで

甥っ子のゆくえ

コメントを書く