アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

進化するビジネス小説?!

それはちょっとした誤解だった。

「次の作品は掃除で人生が変わる、そんな小説仕立てがいいな」

ある日、作家の舛田光洋さんと話していて、私が提案した。

「えぇー?それも良いかもね。」

こんな感じで、少し前向きな感じだった。

「また10月終わりに耳ビジで朗読しますね。」

と言って、スケジュールを約束した。

その後、しばらく経ったころ

「都代子先生に言われて、次の耳ビジでは新作、しかも小説仕立ての本を読んでもらうことになった」

と、舛田さんが言っていた。

と教え子の純子さんから聞いた。

「は?そんなこと言ってないけど」

なんと、舛田さんが勘違いして、10月24日からの耳ビジに新作の電子書籍を用意する気でいるらしい。

「まぁ、できるならやってくれたら良いね」

無理ならこれまで発売している本を読むだけだ。

「そうだったのー?ぼく勘違いしてた」

こうして、一度決めたから・・・ということで、今日に合わせて舛田さんは書いてきた。

書いてきた

だけである。仕上がっていない!

なんならタイトルも決まってない!!!

clubhouseのスケジュール立てられないやん。

仕方なく私が仮で付けたタイトルがこれ。

てきとーに本の表紙も作り(⌒-⌒; )

なんでやねん。

いよいよ、初日を迎えた。

実は昨夜遅くに初日の文章を見て思わずダメ出し(笑)

そこから舛田さんは書き換えて、ようやく届いたのは開始15分前だった。

詰めはまだまだ甘いが、それなりの内容にはなった。

ただ、みんなが言ってくれた嬉しい感想は

「舛田さんの本気度」「もう一度書きたいと思った心の中の葛藤」

こういう話を素直に話してくれたことだ。

だからこそ、本編はあたたかい気持ちでみんなが聴いてくれたのだと思う。

さて、この進化するビジネス書。

5日間で終わるわけではなく、これからたくさんのエピソード付きで展開していく。

そうじと心を結びつける話はいくらでもあるらしい。

「タイムカプセルを開けたみたい」

という表現で感想をくれたのほ脚本家の今井雅子さん。

この不思議な耳ビジは、来月さらにリアルイベントとなって連動していく。

みなさまお楽しみに!




こちらの記事もぜひ

石よサヨウナラ

大口受注の顛末

お祝い祭り

コメントを書く