アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

姉について

血を分けた肉親はもう姉だけになった。

両親は死んだし、兄も死んだし

私は子供がいない。

甥っ子姪っ子はいるけれど、本当に近しい肉親は姉だけだ。

姉が中学からピアノの道へ進んでいなければ、私はもう少し長くピアノを続けていたかもしれない。

姉の方がどんどん上達していくので、不貞腐れてやめたのだった。

頭も良くて、スポーツもできて、絵も上手かった姉に、劣等感を持っていた。

でもね、離れて暮らすようになると、逆に心の距離は近くなり

結婚してからも義兄や甥っ子とともに親しく付き合い

親のことやら兄のことやら

たいへん過ぎる下間家の問題を一緒に乗り越えてきた今

なくてはならない存在になっている。

そんな姉の嫁ぎ先が保育園を経営していて

姉は高校の音楽の教師をしていたがそれを辞めて

保育士の資格を取って園のサポートを始めた。

すぐに園長は姉に代替わりして、義父母が亡くなると理事長となった。

今日、その保育園の100周年記念式典とパーティーが開催され

私は司会として参加した。

今日のもようと、わたしの想いは

Facebookに投稿しました。

姉とはFacebookは繋がっていない。

わたしのポリシーで親族とは繋がらないことにしている。

でも、公開投稿にしてるのでいずれ読むかな。

身内には照れ臭くてなかなか言えないけれど

いてくれてありがとう。

 




こちらの記事もぜひ

出発進行!

初フェス!

薬って怖い

コメントを書く