アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

わたしのための言葉たち

今週の耳ビジは弓削徹さん!

先月、石川塾のセミナーでお知り合いになったコピーライターだ。

なんと「ノートパソコン」の名付け親。

考えたら、あれは英語じゃないもんね。ということは、誰かが考えたわけで、それが弓削さんなのだ。

すごい!

江戸っ子の弓削さんと気が合うかどうか?と不安だったが、幸い、それ以来、時々耳ビジを聴きに来てくれるようになった。

そして、書いてくれたキャッチコピーが

初日の昨日、弓削さんは一睡もしないまま耳ビジに来てくれた。

執筆モードのときは完全に夜型なのだそう。

申し訳ない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

いつもそうなのだが、弓削さんの過去に興味があり過ぎて(笑)朗読しないままになりそうなところ

堪えて時間を取った。

ところで

私は自分なりにキャッチコピーを作るのが好き。

言葉遊びとリズム感で決めることが多かったのだが

本を朗読しているうちに、、、

やばっ!

はずっ!

となってきた(笑)

朗読後、私のキャッチコピー

「声で作品をバージョンアップする」

をお伝えすると

「上から目線に聞こえなくもない」と、弓削さん。

なるほど!

以前、金杉さんから「アップデートのほうが今どき」

と言われて、一部修正していたが

上から!?となると急ぎ変更せねば(⌒-⌒; )

「3Dメソッド」も変えたほうが良いのだろうか。。。

けっこうお気に入りだし、実際、ボイトレしたり、朗読を聴いていただくと、立体的だと言われるんだよなぁ。

とまぁ、、、

今週は深い!面白い!

弓削さんによると、私のためにもう一つコピーを作ったのだけれど、書いた紙が見つからないとのこと。

幻のコピーよどこにあるのだ?(笑)

弓削徹さんの「キャッチコピーの極意」ぜひご一読くださいませ。

サッカーワールドカップで日本が負けたので

番組はほぼ通常モードに戻った。

今年のお祭りは終わりましたね(T_T)

日本代表おつかれさまでした。

サポーターの皆さんもおつかれさまでした。

 




こちらの記事もぜひ

仕事を超えて

愛です

コメントを書く