アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

悪女の引き出し

今日は月に一度のランチデートの日heart

駄目だよ、とよばあ、そんなこと書いちゃ!

今日は月に一度の語座大阪の日だった。
師匠とランチしてから稽古に行くのだが、
これは私の貴重な学びの時間である。
いま、師匠が取り組んでいる語りの技法や、
私の課題へのアドバイス。
今後の活動予定など…

日帰りなのでゆっくり話せるのはランチタイムくらいなのだ。

今回の教材は今日で最終回。
一人称なので、そのキャラクター作りが大きな課題だった。
心の動きを細かく読み取り、表現する。

…… 出来ない(T_T)

一方、もうひとつ皆がてこずっていたのが
女性のセリフ。

主人公の浮気相手である。

どうしても可愛い女っぽくなってしまうのだ(読み手の素直さ所以か?)

「周りに悪女が居ないんだろう?」

K君「あ、はい…居ないです…」

それを聞いて、思わず口を挟んだ!

「やあねー、ここにHさんって言う悪女が居るじゃない!彼女が悪女だと気付いてないなら、まだまだ見る目無いわよぉ?( ̄∇ ̄)」

「下間!余計なこと言わんでよろしー(笑)」

Hさんと私は古い友達。
いやはや、世の中の男性の目は簡単にごまかせるのだね☆

かくいうHさん本人も、この女のセリフが苦手。やはり可愛くなる。

まあ、可愛い感じで、いつもニコニコしている女ほど
裏側怖いかもね!

わたしもなかなか思う通りに出来ない。だから稽古が益々楽しい。

いろんな人と出会い、経験し、それで足りないなら本を読んだり映画を見たり。

次に繋がる引き出しは、多ければ多いほど良い。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く