アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

唇から滲み出る

ぱぴちゃんの爪が巻き爪になって、肉球に刺さってしまった(;´Д`)

大の爪切り嫌いということで、たまにしか切ってなかったら
いつの間にかそんなことになって・・・ごめんなちゃい。

朝から近所の動物病院へ。
なにしろ、刺さった爪を切るのも家では暴れ倒して大変なのだ。

ぺろちゃんの通った病院ではなく、軽い症状のときは近所へ行く。
車が置けないし近いので自転車の前かごに乗せる(笑)

自転車に乗って

にゃーにゃーウルサイってば~(^_^;)

先生が躊躇なく爪をザクリと切ると、肉球から血が吹き出した゚(゚´Д`゚)゚
見てるだけで痛いけど、ちょっとの我慢だよ。ぱぴちゃん。これからはマメに切ろうね。

さて、話は変わり・・・
仕事現場で仲良しのディレクターさんと出会った。
別のスタジオで作業しているからおいで、と言われたので、
仕事帰りにちょっと覗く。

フィリピンの、いわゆるジャパゆきさんのその後を追ったドキュメンタリーの完パケ中だった。
とてもシリアスな内容で、真面目に見ていたら・・・

突然の画面展開に思わず吹き出した!

ジャパゆきさんの日本での様子の再現VTRに、そのスタジオの社長と、受付の女の子が登場したのだ。

クラブのような所で日本人の接待をする受付の女の子(フィリピン人役)
いやらしい表情で、女の子の膝を撫で、タバコの火をつけてもらうスタジオの社長。
そして、にやりと笑った社長の口元がアップに・・・

一同爆笑!

「この口、めっちゃエロい!」

まったく適役というのかなんというのか。
受付の女の子がまだ入社したてのとき、あれよあれよと頼まれて出演したらしいのだが
社長に膝を撫でられる役って、なんと気の毒な(笑)

ま~そういうのも大丈夫な明るいスタジオなので笑って済ませられるのだが。

VPでも、こうやって、たまに制作陣が出演することがある。

以前、お寺の納骨のノウハウ映像のナレーションをした時には←こういうものもあるんだね
制作会社の男性部長と女性営業マンが登場。

不倫の果てに誰ぞを殺害し、その遺骨をいけしゃあしゃあと寺に持ってくる・・・
さながら土曜ワイド劇場のようなミステリーシーンに仕上がっていて(私にはそう見えた)
ナレーションしながら吹き出してNGを出してしまったことがある。

私自身も、時代物の映像に自ら出演し、ついでにナレーションしたこともあるからね。

何も知らずに見る人からしたら、全然普通で、真面目な作品ばかり。
制作した側としては大層面白いので、私もノリでの出演は大歓迎です☆

そういえば、フィリピンの作品のクラブのシーン、
そのディレクターさんに「下間ちゃん、フィリピン人役やらへん?飯おごるし」と言われていたことを思い出した。
たぶん年齢的にジャパゆきさんには合わないから無くなったんだと思うが
もし頼まれてたら、色を少し浅黒く塗って、その気になって出ていたかもしれないw

根が真面目なせいか、こういう軽いノリって好きなのよね。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く