アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

もぐらにて復活

一度だけ、庭で、もぐらを見たことがある。

土から出て干からびていた(⌒-⌒; )

鎌倉に住んでいた頃のことだ。

今夜は仕事のあと飲み友と「もぐら」に集合した。

「おーーー、下間さんや!」

店に入ると、マスターが笑顔で迎えてくれた。

以前、ここで出会い、カウンターで色々話をしたことのある常連の女性も来ていた。

「わ、久しぶりですね」

なにしろコロナ禍でお店が休みになっていたり、今夜の飲み友も色々あって

長らくご無沙汰してしまっていたのだ。

なぜ「もぐら」と名付けたのかわからないが、ちょっとした隠れ家が、もぐらっぽいのかもしれない。

マスターの顔がもぐらに似てるからかな?

さて

「色々あった」

という彼は、我が家のめちゃくちゃご近所さんで、定期的に飲みに行く男友達の1人。

しかし、なんだかんだあって、会うのは9ヶ月ぶりくらいのことだった。

席に座ると、私は言った。

「復活おめでとう」

マスターも

「ほんまに。良かったわ」

と言った。

「ありがとう。最近ようやく少し飲みに行くようになったわ」

彼になにがあったのか?

実は去年7月末にバイク事故を起こし2ヶ月以上入院することになったのだ。

のちに事故車の写真を見せてもらったが、

「ひぇー」

と叫ぶほどバキッとふたつに折れていた(・_・;

毎年やっている私の生誕祭で飲み友たちとパーティーした翌週のことだったそうで

私が、彼の入院を知ったのは8月の終わりくらいだった。

追突事故だったが、追突した相手は、幸い大事にいたらず

彼も半身不随になることなく、治療とリバビリを経て、なんとか社会復帰した。

こうして久しぶりに「もぐら」で飲めるのが感慨深かった。

改めて事故の話を聞いて、ゾッとしたが

なにより、仲間が1人減らなくて本当に良かった。

「そういえば、あの人も生きてるかしら。LINEしてみよう」

飲んでる途中で思い出し、仲間の1人にLINEした。

バイク事故の件を知ったちょうど同じ頃、同じく生誕祭に参加していた仲間の1人が癌であることがわかった。

かたや事故、かたや癌。

なんてこと!

と、ショックだった。

LINEしてまもなく、電話がかかってきた。

「もしもし、下間ちゃん?生きてるわよー。Iさん復活したんやね」

元気そうだ。良かった(T . T)

こちらも、一時はどうなるかと思ったほど激痩せし、髪の毛も抜けたが

癌の種類的に、定期的な治療でなんとか命は大丈夫だそう。

「6月末にタイに行くから、今年の生誕祭は7月の2週目以降にしてね」

生き生きとした声である。

ああ、本当に良かった。

年齢を重ねるとなんだかんだあるが、毎年の恒例イベントとなっている私の生誕祭は

ある意味みんなの生存確認の機会。

あと3ヶ月。

今年も無事に集まれますように。

もぐらにて

干からびることなく再会できた今夜。

命の大切さを感じ、エネルギーの交換ができたことに感謝。

もぐらを出るとコンビニに寄りアイスを買った。

ご近所ならでは(笑)学生か!?

アイスを食べながら分かれ道まで歩く。

私たちのいつものコースだ。

「じゃ、またね。」

「またね」

おやすみ。

こちらの記事もぜひ

出発進行!

初フェス!

薬って怖い

コメントを書く