アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

モノマネ8割。素2割。

表に出て、駅に向かって歩き出した時だった。

ポツリポツリ

あ、雨だ。
と、思った次の瞬間、一気にザーッ!!

え~?マジで(・□・;)

慌てて傘をさしたのだが、勢いがすごくて、路面を跳ね返ってくる雨で足元がびしょびしょになる。
更に突風も吹き付けて・・・

あの3.10のスカイビルイベントの日ばりだよ(>人<;)

ゲリラ豪雨

慌ててビルの軒下に駆け込んだのだが
すでにブラウスも、パンツもびしょ濡れ。

恐るべしゲリラ豪雨だった。

幸いハンカチタオルを持参していたので、なんとかそれで拭いて
小降りになったところで駅へ向かう。

うわー、屋根から滝のように水が流れてるよ。

ゲリラ豪雨2

あーあ、こんなびしょ濡れでディナーショーかあ・・・。

今夜は友達のお誘いで「偽物ショー」を観に行ったのだ。

松山千春の偽物、こんちはる氏のショーである。

言っておくが決して「モノマネ」ではないそうだ。
「偽物」 ←本人がそう言った(笑)

とりあえずゲーハーで、歌はとても上手いし、トークも面白い。

こんちはる

しかし、モノマネだけでは盛り上がりに欠けるため、風船で作ったお花をお客さんにプレゼントして回る。
たぶん50本くらいあったかな?
ホテルに正午に入って、3時間ずっと作ってたんだって(=´∀`)

で、自虐的に「段取り8割。腕2割です。」
会場内爆笑☆

でもね、今夜の主催企業のことをいっぱい勉強していて、ちゃんと気配りして
有名じゃないけどちゃんと夢は持っていて
なんか、そこらへんでよく聞く言葉も、この人が笑わせながらちらりと挟むと、
あ~そうだね。って素直に聞けたりしたのが不思議。
苦労してるんだろうなって。

「負ける人がいるから勝つ人がいる。あなたがいるから私がいる。」

とか言っちゃってね。
松山千春もいつもこういうこと言うのかな?

50分ほどのショーだったんだけど、ちと残念だったのは松山千春のモノマネ一辺倒だったこと。
他にもレパートリーあるみたいだったんだよね。見てみたかった。

それとね、最後の方で、大阪でのイベントでの桑名正博との思い出話が出てきて
「月のあかり」を歌ったわけ。
でね、そのときすごーく思ったの。

あー、千春の声じゃなく、この人のほんとの声が聞きたい。
この人のままで、この人の心で歌って欲しい。

最後まで偽物の千春で通してた・・・。

他のお客さんはどう思ってたんだろう。
そんな風に思う私がおかしいのかな。

売れてない人は、自分を、個性を出してはいけないのかな?とか思ったりして。

まずは真似から入って、いつか個性を。

そういう順番もあるけどね。私は50分の中で1曲くらい素を見せて欲しかった。

「僕はほんとはこんな声なんですよ。でね、それをこんなふうに変えていくと~千春になるんです」
とかさ、なんかできるじゃない。

地声が千春と同じなんて、ありえないからね。
めっちゃ聞きたかった。こんちはるのほんとの声。

芸としての話だけでなく、人間関係においても同じ。
本当の姿とか、本心を見せてもらえない間柄はちょっと寂しいなあ~。

・・・っていうか、今日は単なるショーやろ(笑)

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く