アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

なぜに松尾大社なのか。

毎年、初詣は松尾大社。

なぜって、そりゃ~お酒の神様だもん!

というのは冗談で
以前、実家が松尾大社の近所だったから。
実家に行くついでに近くの松尾大社にお参りに行くようになって。

今年も夕方に参拝。

新年一発目のおみくじもここ!

えいやっとばかりに引いたくじ番号は11番。
な、なんか嫌な予感がする(;”∀”)

やっぱり・・・(笑)

内容を読むと
一緒に行った家人が

「お前にぴったり(爆笑)」

失礼しちゃう。
でも、確かにありがちな警告だわ。

すごく悪いわけではないけれど、西南の方角が良いというのがちょっとひっかかるなあ。

今年の釣りは四国の愛媛あたりまで遠征してもらおうかしら。。。←そっちかい!
とりあえず、みたらし団子を食べて心を落ち着けよう。

お参りの後、かつて実家のあったあたりを車で通る。
毎年胸がぎゅっと苦しくなる。

実家で正月2日に皆で集まって
母の手料理をたくさん食べたことが思い出されて苦しくなる。

母が死ぬ最後の正月2日は、もう実家では集まらなくて姉の家だった。

今日も、姉は母の手料理をいくつか真似て私たちをもてなしてくれた。

母の作ったタタキごぼう。
必ず最後にはまぐりのおつゆ。

そのほか、お造りにお節に

さらにすき焼きまで用意していた~~~!

「格付けチェックしようと思ってさ!」

と言って、牛肉を3つのランクABCとわざわざ分けて用意する盛り上げようで。
さすが姉妹。
こういうマメなお遊び、大好きなのだ(笑)

ところが、結局一番高い霜降りの肉を食べたみんな
異口同音に

「高いのはこれってわかるけど、赤身のほうが好きやねんなあ」

甥っ子にいたっては

「俺はすき家の牛丼レベルで十分うまいねん」

山盛り買った一番高いお肉は、帰り際、私がぜんぶもらって帰ることになる(*^▽^*)
ごめんね、おねえちゃん(笑)

ところで、甥っ子の和くんももう高校2年生。

背も私より少し大きくなった。

しかし・・・相変わらずのアホである。
だが、かわいい。。。(-_-;)

去年は初めて彼女ができたものの、ほんとうに好きではないから申し訳ないし、と、
あっという間に別れてしまった。

もったいないことを・・・。

ご飯のあと、寝転がってる和くんを私が足でつんつん蹴りながら

ちょっと、あんた進学どうするのよ

と切り出すと
突然あわてふためき・・・

「いや、今月末でバイトやめるねん。まじで勉学にはげまないと」

なとど嘘丸出しのことを言う。

めっちゃわかりやすい(笑)

その和くん。
この度父親が新しいレクサスに乗り換えたので
youtubeに動画をアップしたらあっという間に7万回再生を超えたとのこと。

以前にアップしたものも10万を超えたとか。

へ~~~

7万回再生の動画がこちら

あの子の性格の良さ、可愛さが垣間見える動画。
良いね!の高評価をずいぶんいただいたようだ。

成績と進学の話で一瞬気まずいムードが漂ったが
ケーキを食べて、これまた恒例の大富豪スタートしたところで明るい空気にもどった。

貧民からなかなか抜け出せない甥っ子のどんくささに呆れつつ

この親にしてこの子あり
この夫婦の宝物
わたし達にとっても可愛い甥っ子

やっぱり憎めないのであった。

母が亡くなったとき、和くんはまだ小学校入学前だった。
おばあちゃんからの最後のプレゼントはランドセルだった。

1月2日はいつも楽しくて切ない。

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く