アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

代弁します

節分です。
昔から豆まきの時は「鬼は外 福は内」
という掛け声?がつきものですが、

いまひとつ迫力に欠ける気がします。

何故だろう?

そういえば、このフレーズには節がありますね。

この節・メロディがまったり感を与えているのかも。

ということは
言葉の意味を考えて抑揚をつけた方が気合い入りませんかね?
ちょっとやってみましょう!

楽しくなってきたので
おまけに「学校の先生バージョン」も試しましょう。

自分で「鬼は外・・・」と言うのが恥ずかしい方。
どうぞお好きなバージョンをご利用ください。

こちらの記事もぜひ

心残りの穴埋め

ぶっ飛ばしてます!

うずら卵

コメントを書く