アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

オツムよりもコミュニケーション

いつもの美容院LUFTへ。

オーナーの近況を聞きながら、人の生き様は色々だなぁーとつくづく思う。

ふと思いついた。

あ、そうだー。四字熟語2つ言って!

最近、わたしの中で再流行中のネタである。

オーナーと、アシスタントの直人(ナオト)君20歳、それと美人美容師のヒロちゃん。

「え!なんやろ?」

口火を切ったのは20歳の直人君だった。

「えーっと、一石二鳥?それと…本末転倒!」

実は、つい最近、本末転倒と言いたいところを
似てるけど全然違う言い回しして
爆笑を誘った…といういきさつがあったらしい。

「じゃあ、俺は…やっぱりまずは一期一会かな。2つ目難しいなぁー」と、オーナー。

しばらく考えた挙句

「波乱万丈!」

思わず笑ってしまった(^_^;)

そして、ヒロちゃん。

「えー、一攫千金と…四字熟語ですよね?これ違うかなぁ?」

と躊躇いつつ言ったのが

「一汁三菜」

んーーーー?なんか違う気がする(笑)
でも、これは紐解くと面白いかも。

みなそれぞれ「当たってるー」

オーナーなんて、恋愛観が波乱万丈とは。
まさに現在進行形だし(-_-)

そして、美人で優しいヒロちゃんが「一汁三菜」って。

もしや、オトコは一汁三菜、最低必要よね!みたいな?
欲張りかー(笑)

ギャップあり過ぎ(≧∇≦)

さて、その後、直人君としばらく話していると

「四字熟語は四文字っすよね。二文字だったらなんすか?」

え(^_^;)熟語だよ…

「えー!そうなんすか!熟語って例えばどんなんすか???」

いっぱいあるよぉ。
装着とか、注目とか…
思いつくままピックアップすると、

「直人とか?」

(; ̄ェ ̄)
なにゆーてんの!それは固有名詞やろ!

「そうなんすかー!」

あかん。話にならん。

たまたまラッキーで中学を卒業し、サッカー部に入る条件でアホな高校に入学し(本人談)
その学校の中でも底辺のアホだったらしい。

でもね。
直人君は明るくて、大人のお客さんにも臆することなく会話し
たいして会話は噛み合わないものの、気持ちが清々しい子で
それは賢さよりもコミュニケーション能力ゆえ。

人生に教養は大切だけど、
学歴には反映されることのない、知恵や品位や応用力から生まれるコミュニケーション能力がもっと大切ではないかしら。

学歴が高くても孤独な人は多い。

もちろん全部持っていれば百人力だけどね。

パーマの間の待ち時間のため
直人君が飲み物とオヤツを持ってきてくれた。
恒例のひと言メッセージカードが添えられている。

国語の時間

「一石二鳥って書こうとしたら一鳥ニ石って書いてしまいましたT_T」

さすが(笑)

存分に笑わしてくれたのだった。

こちらの記事もぜひ

1人競り

旅のシメ

かまいすのララだ

コメントを書く