アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

棚に上げる

批評するには勇気が必要だ。

「そういう自分はどうなの?」

と、責められる可能性があるからだ。

しかし、そんなこと考えてたら、なにも言えない。

評論家は、客観的に論評できる人であり
本人が出来る出来ないは関係ない。

と、いうことで…
自分のことは棚に上げて、他人の批評をすることにしている(笑)
教え子たちにも、授業中、他の人の批評をしてもらう。
批評することで聴き取る力が育つ。

今日はさんざん批評した。
ビールを飲みつつ、寿司をつまみつつ、ワインを傾けつつ

昭和

延々5時間、他人の朗読を批評。

1年先の構想も生まれて←先ながっ!
棚に上げた自分自身も、ちゃんと磨いて行こうと改めて思う。

ネイルチェンジ。

オトナチェック

冬バージョンもラストかな。

こちらの記事もぜひ

悲しい連鎖

鼻は健康ッス

今日のメイン

コメントを書く