アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

セレブどす

珍しくストッキングを履いた。

ちゃんと化粧した。

ハイヒール履いてお出かけ。

祇園のミシュラン2つ星の割烹へ!

って!やる気満々やん!(笑)

東京から遊びに来た貴族に誘われたのだが
まぁ、自分じゃ「行こう」なんて思わないわよねぇー。

お上品な会話、できるかしら…。

と、思ったら、
意外にも気さくな大将(笑)

めちゃ話しかけてくれる。
というのも、大将はトーク担当なのだ。

メインで腕を奮うのは息子さん。
そして、もう1人の板さん。

八寸

これだけでずっと飲めそうな八寸に
虎魚の薄造りやら、槍烏賊やら
見て楽し、味わって更に愉し。

日本酒が進むこと進むこと…

大将がお皿や徳利などの説明もしてくれる。
かなりこだわった陶器、焼き物だけを揃えているようだ。

さすが星付きの店ですなぁ。

すでに満腹になってきたがまだまだこれから。

八寸

もうそんな季節?!
鱧を目の前で骨切りしてくれたり

なんと!琵琶湖の天然鰻が入ったとのこと
これまた目の前で捌いて、串を入れ、焼いてくれる。

鱧の吸い物の出汁の美味しさったら…

柳川の小鍋は途中でギブし、貴族にお願いしたものの
それ以外はしっかりいただきました。

最後は焼きあがったばかりで、皮目がカリッとした天然鰻
そして、つやつやのご飯…

たまらんわ。このシメは。

ところが、小さい大将(息子)がそこに爆弾発言。

「卵と醤油かけたら、美味いですよ、おかわりどうですか??」

なにを言い出すやら!!!!

では…とそれに乗る貴族。
まだ食べるの?!と驚いたけど。
うふふ、素直でいいと思います(笑)

私は写真撮影して、黄身をつぶす役で満足。

板さんたちとの会話も弾んで
とてもセレブなひとときを過ごさせていただきました。

でもね
こういう店(高い店)は安定の中に感動が色々ないといけないと思うのです。
琵琶湖の天然鰻の蒲焼きは「おぉっ!」でした。

料理の味を食うから、という理由で、日本酒は1種類だけ。
確かに邪魔しない日本酒。

でもなぁー、お吸い物にもそれ、柳川鍋にもそれ?

料理によってお勧めの日本酒もちゃんとセレクトしてくれる割烹あるよね?。知らんけど??。

単なる酒飲みの、個人的な感想です(笑)

という、メインの予定にくっ付けて??

油小路蛸薬師にあるアーティスト、石川さんのギャラリーも訪問。

素敵な自宅兼ギャラリーでゆっくりお茶をいただき
イシさんのアンティークアクセサリーを物色(笑)

イシさん

これ良いなぁー!

「む。お目が高い。これは非売品や。売れへん(笑)」

えー!だめ?
じゃこれは?

「お。さすが。これはシルバーで、けっこう手間がかかってるわ」

これのね、鎖を変えたいなぁー

「ええよ、どれする?」

イシさんめちゃ優しい(笑)

しかも、びっくりするほど値引きしてくれるという…

アンティークのパーツを使ったアクセサリーは
パワーがある。

毎度毎度の一石三鳥な私の予定。
メインは祇園と言いつつも、イシさんに会えたことで
今日という日が最高の景色を見せてくれたのだと思った。

イシさん。ありがと。

こちらの記事もぜひ

ストレス発散の方法

方向を示す人

悲しい連鎖

コメントを書く