アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

一点の曇りもなく

心の中で密かに思ってるからこそ
出てしまうひと言。

というものがある。

言ってしまった本人は気づかない。

でも、それを聞いてしまったら

あ、そんなふうに思ってるのか。。。

とてもがっかりしてしまう。

そのひと言は、記憶から簡単には消されない。

チャリティー、ボランティア

わたしは大きな声で言いたい。

わたしにとって
チャリティーもボランティアもオマケです!

それメインではない。

しかしオマケが人に喜ばれることもあって
さらに喜ばれたことによって
わたしの評価がアップすることがあって

それまたオマケでラッキー。

なので、
他人に言われない限り
頭の片隅にも「売名行為」「偽善」というキーワードが無い。

でも、売名行為や偽善がメインの人がいてもいい。
どっちにしても、オマケとして、誰かの役に立つんでしょ?
自分が楽しかったり、誰かが楽しんだのならいい。

わたしのメインは

自分が楽しめることをする。
大変な作業も楽しむための準備だから仕方ない。
わたしにとって楽しいことは
誰かが楽しんでくれてるのを見ること。

楽しそう!

わたしも楽しい!

嬉しそう!

わたしも嬉しい!

「一点の曇りもなく」

が口癖の人の話を聞いた。

口癖はそうなのに
どう見てもその人は「曇ってる」ところがあるそうな(笑)

「一点の曇りもなく?」

目をそらさず答える。

ないですないです!

って、2回繰り返してるやないかーい!(笑)

秋刀魚が太り始めました。
誰かさんも太り始めてます。

秋の空とサンマ

トトロのような空でした。

ご馳走さま。

こちらの記事もぜひ

ストレス発散の方法

方向を示す人

悲しい連鎖

コメントを書く