アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

食い気より釣り気

魚が好き過ぎて
最近はより新鮮な魚を求めて旅に出ているのだけれど
それが高じて、今度は

いっそ自分で釣った魚を食べよう

という気持ちになりつつある、、、、のかもしれない(笑)

ウソ。

単に釣り好きが周りに多くて
素人のわたしでも連れて行ってくれるから。

今日はそんな釣り好きの友人とともに
和歌山で筏釣りに。

いやー楽しかったな。

釣り始めてすぐに強い引きがあって
おっ!と思ったのだが
急いで巻き過ぎてしまい、顔も見ないまま逃げられた。

割と大きめだったよね?

雑魚ではなかったのはよくわかった。
それだけに残念。
と同時に、今日は釣れそう!!!

気分が高まる。

が、しかし
海はそんなに甘くないなぁ(笑)

その後、友人が大きなガシラを釣りあげたものの
ほかはシーン。。。

私も
フグ、タイ、イシダイ、タイ、タイ
こんな感じで釣れる雑魚たち。

それでも、何かがかかる感触が楽しい。

海の上で食べる安っぽ?いお弁当も
ビールも泡もワインも美味しい。

つまみはこれ

のんびり楽しんでいるうちに
軽いあたりがあった。

また雑魚かなぁ?と思いつつ慎重に巻いていく。

すると
あれ?なんか雑魚では無いみたいだよ?

「あ!カワハギやん!でかっ!」

わーい。カワハギ大好き!

大きいのかな?
大きいのかぁ。

「腹ぱんぱんやで。キモもでっかいで」

どうやらなかなか立派なカワハギのようだ。

カワハギ

高級魚ゲット??!

もうこれで満足です(笑)

その後は昼寝したり、たまに釣ったり。
優雅な時間だった。

「釣れなくても楽しい」

釣り好きの人の言うことがよーくわかった。

釣れたらなお楽しいだろうこともよくわかった(笑)

さて、このカワハギ、絶対美味しいだろなぁ。
まっすぐ家に帰るし
自宅でさばいても良かったのだけど

なんとなく私1人でこれを味わうのは申し訳ない気持ちに(^_^;)

それで
連れてってくれた友人がいつも釣果を持って行ってるお店に差し上げることになった。

私もよくお世話になってる店なので
マスターが喜んでくれるなら良いか(^^)

自分で釣った魚を食べたい

それより、釣る楽しさが上回るねー。

そのうち、私から度々魚臭がするようになるかも?!(笑)

こちらの記事もぜひ

うっかりBARは中央区

見た目に耐える

痛みに耐える

コメントを書く