アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

いい加減な人

今日はキャラの芝居を観に行った。

まずはその前に・・・友人たちとランチ。
食べログで見つけたお店だったのだが
座敷に通されて、坪庭なんかもあるところで
ちょっとした休日ランチの気分にひたれる。

ランチ

あれこれ喋っているうちにあっという間に時間は過ぎる。

さて、毎年キャラのお芝居を観ているが
今年は面白い構成だった。

舞台も五島列島に飛んだ。
わたしとしては今年五島に行ったばかりなので
かなり親近感が(笑)

それだけでも高評価だ。

芝居

蝉の生涯と人間の生涯をクロスさせているのは
少々難しかったが
チャレンジとして面白いと思った。

相変わらず長いのが・・・(;''∀'')

ロブカールトンなんて、スピーディにかつ面白く90分で仕上げるもんなあ。

プロの劇団でそうなのだがら
芝居としては年に1回しかやらないチームが2時間の大作っていうのは
やや無理があるような気がする。

実際、長い。と感じたので。

NATSは逆に短すぎるといわれたが、芝居ではないので1時間ちょっとが妥当と思う。

ただ、長くても短くても脚本が良ければ苦情はないのだろう。
納得。反省。

さて、芝居のあとはNATSの稽古。

音効のMさんにもお付き合いいただいた。

稽古

音を入れての稽古は今日が初めて。
マイクのポジションや、出はけのタイミングなど、やはり変わってくる。

22時過ぎまで稽古は続いた。

で、Nに言われた。

「下間さんみたいにいい加減なところが・・・」

ん?聞き捨てならない(-_-;)

「ところが・・・必要なんや」

あ。良かった。
いや、良かったのか?(笑)

セリフは難しいねえ。
マイクを使うパフォーマンスの難しさもあるし。

今日のように声をしっかり出さねばならない舞台の芝居と違う
ボイスの芝居。

ラジオドラマとも言えないしねえ。

普通にしゃべるって、難しいわ。
でも、多少上達してると良いな。

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く