アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

とりあえず書いてみる

新年の「朗読初め@うっかりBAR」の呼びかけをスタートさせた。

今回は私の書いた短編ではなく、うっかりBAR常連のMさんの作品。

と、思ったのだが、、、
時代物で面白いものの、少し難しいのか?!
エントリーする人たちの実力は様々。
みんなのチャレンジ精神はわかるが、時代物はハードル高いのだ。

急遽、私も軽い作品を書くことにした。

と、同時に
昨夜、NATS忘年会で話題になった、あるストーリーを書いてみたくなった。

Nに頼んでもいいのだが
自分でも書いてみよう。

ブログと小説は全然違う。
描写の妙が大切なのだと思う。

いま、レッスンで取り組んでいる川端康成の短編などは
それはそれは素晴らしい比喩が出てきて
こんな文章、自分のボキャブラリーでは生まれないな、と思う。

書くことも、会話も、センスとボキャブラリーが豊富だと面白いものだ。

読む役ばかりでは成長しない。
と思っている。

人生経験を積む。
食を楽しむことも、ボキャブラリーを増やす。

って、理由がついたところで!(笑)

右近

今夜は福島の割烹です( ^ω^ )
シメの稲庭うどんまで、たっぷりいただき

満たされた夜でございました?
ご馳走さま。

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く