アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ねこまたなかま

今日は朝からすがすがしい青空。

急遽、友達と南森町で待ち合わせてブランチすることにした。

いつもはお酒が付き物の私たちだけど、今日は健全にコーヒー(笑)

すごくビッグなお仕事の話を聞いて、訳わからないながらも(難しい数字の羅列)一緒にワクワク。

人生においてこんなにも大きなことを成し遂げられるなんて。尊敬してしまう。

実力と運。それも才能だな、と実感した。

昼下がり。

大正区に移動して、昨日オープンしたばかりのガラス工房nekomata labへ。

ボランティア仲間でアーティストのnekomataさんのギャラリー兼工房だ。

古いアパートの一階を自分でリノベしたんだって!すごーい!

ずらりと並んでいる小瓶にはカラフルなビーズが入っている。

彼女はガラスドームに宇宙や海や自然や想いをとじこめるアーティスト。

わたしも体験させてもらうことにした。

まずは基本となるガラスドームをセレクトする。ガラスの一部分だけ色が付いていて、好きな色を選ぶ。

私はこれ。ブルーだけど、光を当てるとコバルトブルーに見える。

さて、ここからがセンスの問われるところ。

たくさんのビーズを自由に組み合わせるのだが、これが悩ましい。

同系色が良いのか?どうしよう!

トータルの粒数は決まっていてAの瓶から10粒。BCの瓶は全部で24粒。

あとはラメやホログラムなども自分でセレクトしてドームの中に入れて行く。

ここでボラ仲間のメンズ登場。

撮影させる(笑)

なんか色がバラバラ過ぎるかなぁ(^_^;)心配。

上の真ん中のパーツは実はニャンコ!

こそっとドームの中にニャンコと小鳥を入れました(笑)

そして、ここに溶液を投入。

果たしてどんな仕上がりになるのか?!

あれー!

綺麗だよっ!すごくいい感じだよ。

少し中を揺らすと、違うビーズが新しい光を浴びて印象が変わる。

なんだろう。万華鏡のようだ。

わたし天才!(((o(*゚▽゚*)o)))♡(笑)

蓋をしめて、ネックレスの鎖を取り付けて完成。

では外の太陽の光を浴びせてみよう!

うん。素敵だ。自画自賛。

「下間さんセンス良い!」

nekomataさんに褒められた!←みんなに言ってるとわかっていても嬉しいものだ(笑)

世界にひとつだけのアクセサリーです。

彼女の作品は、ネットで販売すると20秒で売り切れます。すげー!

ドームのガラス自体にも彼女の加工が入るしね。タイトルもあるから奥が深い。

ネットショップはこちら

https://minne.com/@onigirineko

工房はこちら

http://www.nekomata.mimoza.jp

ちなみに彼女は名前のとおりニャンコ好き。

合流したメンズもニャンコ好き。

ニャンコの話も盛り上がった午後でした。

こちらの記事もぜひ

親孝行

懲りない人

絶倫オヤジ

コメントを書く