アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

仕事なので。

またまたドキュメンタリーの収録。

今回は過労死がテーマである。

そして、過労死に大きく関わる「働き方改革関連法」についても言及する内容だった。

過労死遺族の奮闘を追うドキュメンタリーなので、今の安倍政権が推し進めている働き方改革関連法案に反対、または疑問を呈する展開。

ナレーターとしても過労死遺族の側にある程度沿った喋りになる。

それは要するに安倍政権に対して非難する立場ということだ。

「もう少し強い怒りを含んだ喋りにしてほしい」

ディレクターさんの要望に応える。

がしかし、、、

わたし〜去年の総選挙もその前の総選挙も自民党の政見放送担当したんだよなー( ̄▽ ̄;)

自民党を応援してる感じになってるんだよなー( ̄▽ ̄;)

今回、めっちゃ非難する立場になっちゃってるんだけどなぁ( ̄▽ ̄;)

大丈夫か?!不安が渦巻く。

しかしまぁナレーターってそういうことあるあるなのだ。

2011年3.11東日本大震災で原発事故が発生したとき、多くのナレーターが冷や汗をかいた!

なにしろ「原発推進」関連のナレーションに携わった人がたくさんいたはずなのだ。

後輩のI ちゃんなどはこんな心配をしていた。

「わたし、原子力のウランちゃんの声を担当してるんです!マズイですよね?!」

ナレーターに罪はない。と言いたい。

私の担当した番組「映像18」は今週日曜深夜放送です。

こちらの記事もぜひ

有事

相思相愛?

コメントを書く